« 大河ドラマ「篤姫」第4回「名君怒る」とりあえずレビュー | トップページ

2008年2月 3日 (日)

大河ドラマ「篤姫」・第5回「日本一の男」

今週は
降ってわいた於一(篤姫)@宮崎あおいの
縁談に
肝付尚五郎(後の小松帯刀)@瑛太が
苦悩するお話。
 
 
見所は尚五郎の悶絶ぶりで,
水をかぶったり,木刀を振ったり,
あげくに
なぜか琵琶を鳴らしたり。
 
琵琶といえば
去年の大河では
あのお方がよく鳴らしていたけど,
そのうち
尚五郎が
「我は毘沙門天の化身なり」とか何とか
言い出さないだろうか,
などと見ていて心配になった頃合いで
意を決した尚五郎が
今和泉家の屋敷に突入。

 
島津忠剛@長塚京三に
於一の嫁取りを申し出て
首尾良く
嫁取りOKと縁談お断りの了解を取ったのだが・・・

歴史上の事実として
於一が尚五郎と結婚するはずがないわけで,
思いの丈を吐露して
鼻息の荒い尚五郎が
すぐに奈落の底に突き落とされるのは明らか。
何だかなあ。
 
 
 
さて
尚五郎の申し出を受けた翌日,
藩主・斉彬の招きで登城した忠剛は,
てっきり縁談のあっせんかと思って
断りの返事をしたのだが,
斉彬の話は
於一を島津本家の養女にしたい
という意外な内容だった・・・
というところで次週に続く。
 
 
 
 
今回は,
ホント,見ていて尚五郎が哀れで
何とかならんもんかいな,
大河ってよく歴史的事実をちょこっといじったりするし,
とか思ってしまうのだが,
さすがに,
尚五郎が於一を嫁にする展開になったりしたら
架空戦記みたいになって無理があるし,
そもそも
「篤姫」が誕生しないことになって
看板に偽りありになってしまうしねぇ。
 
結局,
去年の勘助と諏訪の姫様みたいな
プラトニックな関係になっていくんだろうか。
ただ
勘助は由布姫と割とよく会っていたけど
本家の姫様になった以降の篤姫と尚五郎は
もうほとんど
会える見込みがなさそうなんだよな~。
会えるのと会えないのとで,
どっちが酷なのかはよく分からんが。
 
 
 
来週は第6話「女の道」。
 
何やら菊本を軸に
ハードな展開になりそう。
予告映像で尚五郎さん泣いてるし。

|

« 大河ドラマ「篤姫」第4回「名君怒る」とりあえずレビュー | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170425/17946605

この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマ「篤姫」・第5回「日本一の男」:

» 大河ドラマ 「篤姫」 日本一の男 [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
日本一の男。 まさかそれが、 日本を統括する「本物の日本一の男」になろうとは・・・。 [続きを読む]

受信: 2008年2月 5日 (火) 06時32分

« 大河ドラマ「篤姫」第4回「名君怒る」とりあえずレビュー | トップページ