« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月16日 (日)

風林火山最終話「決戦川中島」レビュー(とりあえず)

当ブログ,更新が開いてしまいましたが,
今週は最終話ということでちょっとだけ。
 
 
1話分増えたせいもあってか,
ノベライズ版と細部がかなり異なっていました。
台詞とか。
 
 
勘助は以前に危惧したとおり,
弁慶化してしまいました。
内野聖陽さんの熱演はよかったんだけど,
あんだけ刀でバッサバッサ切られて,
槍でグサグサ刺されて,
弓矢も刺さって
あげくに鉄砲玉多数受けて
まだ死なないってのはないだろ,と。
赤マフラーじゃないんだから。
 
それに対して
平蔵@佐藤隆太は
摩利支天のペンダントを手渡されそうになった瞬間,
矢一本でばったり(笑)。
おそるべし,不幸のペンダント。
まあ,
結局は
あの妙に声の若い老婆・ふくに
助けられたようですけどね。
 
そういや,ふく@緑魔子が
今週のOPクレジットでは
後ろから2番目の位置。
あの「盲獣」のヒロインに
大河でお目にかかれるとは驚き。
あの声で
「その男は,変だった」と言ってほしかったかも。
どの男が変なのかは・・・はてさて。
 
 
で,
OPクレジットといえば
最終話の花枠は由布姫@柴本幸。
幽霊(?)になっても
やはりメインヒロインの立場は強かったようで。
リツが花枠を取ったのは結局1回だけ。
 
そして
ヒロインといえば
本大河のファーストヒロインにして
勘助の妻でもあるはずのミツ@貫地谷しほり,
最終話でも勘助にまったく思い出されもせず,
このまま不遇のヒロインとして終わるかと思いきや,
本編ラストが彼女のセリフでした。
大河スタッフの粋な計らいかな。
 
ついでに
今日の「生きもの地球紀行」の次週予告で
カピバラが露天風呂に入っていたのも
粋な計らいだったりして。
 
 

あとは気が向けば
まとめのレビューをアップしたいと思いますが,
本日はこんなところで。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »