« 大河ドラマ「風林火山」・第41回 「姫の死」 | トップページ | 大河ドラマ「風林火山」第43回「信玄誕生」 »

2007年10月21日 (日)

大河ドラマ「風林火山」/第42回 「軍師と軍神」

今週のアバンタイトルは
木曽征伐から戻って
小坂観音院に駆けつけた山本勘助@内野聖陽を
武田晴信@市川亀治郎が出迎えるシーンなんですが,
勘助は
槍を杖代わりに髪を振り乱して登場。
何だか敗残の武者みたいです,勝ったのに。
 
 
○オープニング
 
今週の「花」枠がどうなるのか,
興味津々だったんですが,
ふたを開けてみれば
「由布姫(回想)」というクレジット。
カピ様のセリフじゃありませんが,
そうきたか・・・という感じです。
  
 
軍配枠はノンクレジット。
 
直江実綱@西岡徳馬は
今週もちゃんと登場していたんですが,
なぜか軍配枠の直前のクレジットでした。
 
 
 
○由布姫没後のあれこれ
 
まず甲斐に戻った晴信は
三条夫人@池脇千鶴に由布姫の死を報告,
笛を返そうとしますが,
三条夫人が
「お前様がお持ちになるべきです」と
受領拒否。
 
まあ,
由布姫が血を吐く直前まで
口にしていた笛ですから,
あんまり受け取りたくはありませんな。
 
 
側にいた萩乃はカピ様に
志摩の今後のことを質問。
対立しつつも
自分と同様の境遇にあった志摩のことを
心配している様子です。
勘助が引き取る意向だと聞いて
一安心の萩乃。
  
何か急にいい人モードになった
萩乃ですが,
これって近々の退場を示唆するような・・・

 
 
その頃,当の勘助は,
由布姫の墓に詣でて
墓標の雪を払い落としながら
「姫様,お寒くありませんか」とか話かけていました。
 
由布姫の回想シーンはここで挿入。
 
その後,
勘助は墓に向かって平伏しながら,
四郎様は
姫様の気高きお心,
御屋形様の思慮深きお心,
そして
勘助の知略と命を受け継いで,
立派な武将となって墓前に参られるから
ご案じ召されるな,
と語りかけるのでした。
 
歴史の結果を知っている視聴者としては,
何とも微妙なセリフです。 
少なくとも
気高きお心は
四郎様に引き継がれたようですが・・・。
 
 
 
年が明けて弘治2年,
その四郎クンの行き先が
高遠城に決定。
 
勘助は
高遠城に移る前に
四郎様に会っておこう,
ということで
四郎の現住居・諏訪高島城を訪れます。
 
勘助の前に現れた四郎クンは
少年時代のカピ様そっくり,
というより
完全に同一人物(池松壮亮の二役)。
これで
勘助の子じゃないかという一部の疑惑も
晴れることでしょう。
 
むしろ,
今のカピ様が少年時代とあまりに違うので
晴信途中で入れ替わり疑惑が出てきそうな気が。
 

四郎クンは
勘助と離れるのが不安なのか,
「また,そなたに会えるのじゃな?」と
心配げに勘助に語りかけます。
勘助は
うれしさ半分,つらさ半分の表情で,
「いつでもまた,はせ参じまする」と返答。
 
と,
よく見ると四郎クンの胸には
「呪いの摩利支天のペンダント」が・・・。
これは晴信バージョンの方でしょうか。
過去,
禰々→由布姫と
諏訪家の関係者に不幸をもたらしてきた
呪いのアイテムだけに,
今後の四郎クンが心配です。
 
 
 
四郎クンが秋山信友に連れられて
高遠城に出立した後,
勘助は残された志摩に向かって
「志摩,儂のところに来い」と告げます。
 
勘助,いきなり志摩にプロポーズ!?
先週,由布姫に
無理やり約束させられた嫁取りを
志摩相手に実現するつもりなんでしょうか。
由布姫,
たしかに「誰でも良い」とか言ってたけど。
 
しかし,
志摩は死ぬまで四郎様に仕えたいと言って
勘助の申し出を拒絶(というか完全無視),
勘助のビックリ嫁取り作戦は失敗に終わりました。
 
 
  
 
○勘助と景虎,対面する
 
この年,越後では
長尾家の重臣の間で
内紛が勃発。
 
長尾家臣団会議の場で
大熊朝秀@大橋吾郎が
土地争いの解決案に不満をぶちまけ,
これに金やんの息子(柿崎)と直江が応戦,
宇佐見定満@緒形拳が
なだめるという展開に,
聞いていた長尾景虎@ガクトが
ブチ切れ,席を立ちます。
 
次のシーンで
誰かが寂しく膝を抱えているので
誰かと思ったら 
退席した景虎でした。
まさか
あの軍神が自室でいじけてるとは,トホホ。
 
 
それから月日が少したちまして
弘治2年6月,
突如,景虎が出奔。
 
宇佐見と直江は
景虎の姉・桃と義兄の長尾政景を頼ったところ,
桃は景虎がマザコンだと指摘(大意),
宇佐見は出奔先が高野山だと見抜き,
直江と政景は高野山に。
 
 
その頃,
志摩に振られて(違う?)傷心の勘助も
流浪の旅に出発,
これまた高野山に向かい,
旧知の高僧・清胤@佐藤慶と面会していました。
 
ところが
この清胤は景虎の師でもあり,
景虎もまた清胤を訪ねてきたものだから,
さあ大変。
景虎が清胤との面会を終えた後,
勘助と景虎は寺の庭で
大立ち回りという展開に。
 
去年の「功名が辻」では
千代が歴史上の有名人に絡んだり,
有名場面に顔を出したりするのを
ご都合主義だと批判する向きがあったようですけど,
風林火山も今回の展開を含めて
結構ご都合主義ではありますな。
 
 
ともあれ,
二人の大立ち回りは
清胤の一喝で水入りに。
さすが,
前世は
源頼義であった
お方だけのことはあります(93年「炎立つ」)。
あ,
武田信玄だったことも
ありましたっけ(83年「徳川家康」)。
ついでにいうと,
勘助が前世(?)で
水戸藩主・徳川慶篤だったときに
家臣役で登場していましたな(98年「徳川慶喜」)。
「徳川慶喜」には
三条夫人やメンズノンノ小山田,忍芽に諏訪頼重まで
出ていたんですが,
なぜか未だに総集編のビデオ化すらされてません。
モッ君と喧嘩して負ける勘助が見たいのに~。

 
 
ええと,話を元に戻すと,
清胤の導きにより
景虎・勘助の二人は仲良く曼荼羅を見学,
さらに一緒に食事をとることに。
互いに冗談を言い合って笑い合うなど
だんだんとうち解けていきます。
 
そうこうしているうちに
景虎を追っかけてきた政景と直江が
高野山に到着,
景虎に
大熊の謀反を告げた上で
家臣たちの起請文を渡します。
景虎は越後に戻ることを決意し,
出奔騒動はここに終結を向かえたのでした。
 
 
勘助の方も甲斐に帰投,
リツの嫁取り話を
リツを養女に迎える形で
納めます。
 
これでどうして解決になるの?
という気もしますが,
勘助としては
志摩の嫁取りを
あきらめていないのかも知れません。
(そんなことない?)
 
 
勘助はリツに
山本家の新たな家宝だと言って
小さな木箱を渡します。
 
リツが箱を開けると 
中には摩利支天像が・・・
またまた
新たな呪いのアイテムが増えてしまったようです。
 
 
 
 
○次週は第43回 「信玄誕生」
 
勘助も鬼美濃も真田幸隆も
スキンヘッドになるようです。
きっかけを作ったカピ様が
スキンヘッドにしないのはなぜだ? 
 
失礼,晴信もスキンヘッドになっていました。

|

« 大河ドラマ「風林火山」・第41回 「姫の死」 | トップページ | 大河ドラマ「風林火山」第43回「信玄誕生」 »

コメント

こんにちは。初めまして。
いきなりですが、晴信もスキンヘッドになってますよ。予告でも出てましたよ。
ツルッツルッのスキンヘッドですよ。
多分貴方の見落としでないかと思います。

投稿: 庵原之政 | 2007年10月24日 (水) 15時52分

>>庵原殿

こんにちは。
今,公式HPで予告編ムービーを見直しましたが,確かに晴信も予告編のラストでスキンヘッドになってましたね。人相が変わっていたので本放送時には晴信だと気付きませんでした。
御指摘ありがとうございます。

投稿: かわうそ | 2007年10月24日 (水) 21時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170425/16833076

この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマ「風林火山」/第42回 「軍師と軍神」:

» 風林火山 2007/10/21 [最新キーワードの情報収集・動画ブログ 第二倉庫 ドラマ・映画・TVとラジオ番組]
風林火山についての最近の情報です。 [続きを読む]

受信: 2007年10月22日 (月) 13時38分

» 大河ドラマ 「風林火山」 軍師と軍神 [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
愛する由布姫が死んでしまい・・・。 [続きを読む]

受信: 2007年10月22日 (月) 20時06分

« 大河ドラマ「風林火山」・第41回 「姫の死」 | トップページ | 大河ドラマ「風林火山」第43回「信玄誕生」 »