« 大河ドラマ「風林火山」・第24回 「越後の龍」 | トップページ | 大河ドラマ「風林火山」・第26回 「苦い勝利」 »

2007年6月24日 (日)

大河ドラマ「風林火山」・第25回 「非情の掟」

前回のアバンタイトルは
「生まれたのです,勘助の子が」(by由布姫)
に意表を突かましたが,
今週は通常通り本編の導入部分に戻りました。
例年の大河からすると,
解説コーナーや前回のダイジェストでない「風林火山」のアバンは
それ自体が異例なんですけどね。
 
○寅王丸出家する
 

諏訪では
武田晴信@市川亀治郎と由布姫@柴本幸の間の子,四郎が
お宮参りの時を迎えていました。
お宮参りって生後6か月目でしたっけか?
 
しかし,
晴信は甲府・躑躅が崎の館で
三条西実隆らの朝廷の勅使を饗応していたため,
四郎のお宮参りには不参加。
代わりに山本勘助@内野聖陽が付き添うことに。
 
しかし,由布姫はそれが不満だったようで,
「お館様は何故に来られぬのじゃ」「四郎も不憫な子じゃ」と
勘助に八つ当たり。
先週,先々週と勘助に妙に優しかった由布姫ですが,
やっと調子が戻ったようです。
 
さらに,
よほどイライラが募っていたのか,
由布姫は勘助に向かって
四郎に諏訪家の家督は継がせたくない,
諏訪家を継ぐのは弟の寅王丸じゃ,
ときわめて重要なことを簡単に口にしてしまいます。
侍女の志摩もびっくり。
 
むろん,勘助は「承知いたしかねまする」と拒絶しますが,
由布姫は重ねて,それならば寅王丸はどうでもよいのか,
と勘助を問い詰めます。

頭を痛めた勘助は
板垣延方@千葉真一の下に報告にあがりますが,
同席していた諏訪光隣(由布姫の大叔父)の話によると,
諏訪家の後継者が寅王丸か四郎かで諏訪家も割れているとのこと。
 
成長した寅王丸が四郎の家督に異を唱えたらどないしまひょか,
と不安がる光隣に,
板垣もその憂いをいかに取り除くか,とため息をつきますが,
話しているうちに何やら心に期するものがあったらしい勘助は
「それがしにお任せください」と
利まつのまつ(by松嶋菜々子)の決め台詞みたいなことを言います。
 
この後,勘助は
甲府の躑躅が崎の館に向かい,
晴信に向かって寅王丸を出家させるよう説得。
晴信はあっさり承知します。
そりゃ,
晴信にしてみれば,
自分の子供に諏訪家を継がせたいでしょうからね~。
この会談で寅王丸の預け先を
駿河の今川家の軍師・大原雪斎@伊武雅刀することも決定。
今川家と話をつけるため,
勘助,今度は駿河に行くことに。
 
今川館で勘助から話を聞いた今川義元@谷原章介は
あつかましい,また厄介者を押しつける気かと怒ります。
駿河には既に寅王丸の外祖父・武田信虎が預けられていますからね。
しかし,
寿桂尼@藤村志保は
寅王丸を預かるのは今川にとってもメリット大だと
義元をたしなめます。
寿桂尼さまは
依然として勘助に好意を持ち続けているようで,
自分に助け船を出してくれる寿桂尼さまに対して
勘助もちょっとこそばゆい顔。
もっとも,
雪斎が諸手を挙げて賛成したことからも分かるとおり,
行為云々を抜きにして
寿桂尼さまの判断は正解ということになりましょう。
 
義元は,
なぜ自分が勘助を嫌うのかうんちくを述べますが,
結局,雪斎が寅王丸を預かることにGOサイン。
 
 
哀れなのは幼い寅王丸で
ばば様と慕う大井夫人と涙の別れをして
駿河に向かうことになります。
(ちなみに本大河では
寅王丸の母親・禰々は信虎の側室の子という設定なので,
大井夫人にとっては寅王丸は実孫ではありません。)
 
史実の寅王丸は
どういう運命をたどったのか不明なまま
歴史からフェードアウトしてしまうのですが,
(成長したのかどうかすら不明)
本大河の寅王丸くんも
今回の大井夫人との別れが最後の登場になりそう。
 
 
○晴信,またブラック化する。
 
寅王丸の出家を耳にした三条夫人@池脇千鶴は,
そんなに四郎のことが可愛いのかと晴信を責めます。
最初は三条夫人をなだめていた晴信でしたが,
「家督は安泰であると太郎に仰せくださいませ」
という三条夫人の言葉を聞いて激怒。 
「家督を譲るも譲らぬもこの儂の胸三寸じゃ」と逆ギレ。
この言葉はかつて
父・信虎が晴信に向かって吐いた言葉と同じ。
 
この話を聞いた大井夫人,信繁と甘利,諸角らの老臣は
集まって晴信の信虎化を憂うのでした。 
 
ちなみに,
89年「武田信玄」では,
晴信@中井貴一が嫡男・義信@堤真一に向かって,
「武門の誉れ高き武田の血筋に弱き公家の血がまじったのじゃ!」と暴言,
次弟の典厩信繁に
「今兄上が申されたのは,昔,父上が兄上に申されたのと同じでござるぞ」
とたしなめられて言葉に詰まる,というシーンがあったと記憶していますが,
今回のエピソードはそのオマージュ的なところもあるかなと。
 
○甲州法度次第できる
 

今回のメインストーリーは
寅王丸の出家をめぐる動きでしたが,
その間々に挟まれていたのが 
甲斐の国の新たな法令の起案にいそしむ
駒井政武@高橋一生と春日源五郎@田中幸太朗の姿。

今回,駒井たちは今川仮名目録(今川義元の父・氏親が制定)を片手に
あれこれ思案していましたが, 
実際のところ,
甲州法度の主要部分は
今川仮名目録を踏襲していると言われているそうです。
 
ただ,駒井は単なる焼き直しにとどまらず,
晴信らしさをだせるように四苦八苦。
源五郎を感心させます。 

最後に完成した法度の原案を,
駒井たちは晴信に手渡しますが,
その際に晴信自身も法度に縛られることを最後の一箇条に
加えるように涙目で進言。
晴信は駒井を言を受けて,その一箇条を加えるのでした。
 
今週のサブタイトル「非情の掟」は,
メインとしては寅王丸の運命を指しているんでしょうが,
この主君自身も縛られるという甲州法度のことも
その意味にふくんでいるんでしょうね。
 
 
○次回第26回 「苦い勝利」
晴信のブラック化がますます進むようです。
それと,意外に早期に長尾景虎が再登場。

|

« 大河ドラマ「風林火山」・第24回 「越後の龍」 | トップページ | 大河ドラマ「風林火山」・第26回 「苦い勝利」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170425/15548510

この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマ「風林火山」・第25回 「非情の掟」:

« 大河ドラマ「風林火山」・第24回 「越後の龍」 | トップページ | 大河ドラマ「風林火山」・第26回 「苦い勝利」 »