« 大河ドラマ「風林火山」・第9回 「勘助討たれる」の感想 | トップページ | 大河ドラマ「風林火山」・第14回 「孫子の旗」 »

2007年4月 1日 (日)

大河ドラマ「風林火山」・第13回 「招かれざる男」

前回のレビューから
ずいぶんと間が空いてしまいましたが,
久々に大河ドラマの感想をば。
 
  
○山本勘助 VS 鬼美濃
 
先週,
ゴリさんこと甘利虎泰の策謀により,
鬼美濃の異名を持つ原虎胤@宍戸開と
文字通りの真剣勝負をする羽目になった
山本勘助晴幸@内野聖陽。
 
しかし,
正面から戦い挑んで勝てるわけはないってんで,
あれやこれや理屈を付けて
勝負の場所を
湖に浮かぶ小舟の上に変更させることに成功。
 
それにしても,
それがしは走ることもままなりませぬ,って
今まで馬追いかけて十分に走っていたじゃありませんか,
勘助殿。
 
勘助の引き伸ばし策で
頭に血が上っていた原虎胤は,
何でもいいから早く勝負がしたいということで,
舟上の勝負に同意,
春日源五郎が漕ぐ舟で
勝負場所になるもう一隻の舟へ。 

もうこの辺りで,
湖畔で見つめる晴信や信繁は
勘助の策に気づいたような表情。
 
勘助に引き続いて
小舟に乗り移った原虎胤は,
いきなり勘助に切りかかりますが,
勘助はこれを交わしつつ,
隙を見て刀で船底をグサッ。
そして
驚く原虎胤を尻目に,
源五郎の漕ぐもう一隻の舟へ
義経八艘跳びばりに飛び移ります。
こりゃ
タッキー義経もびっくりですな。
 
残された底の抜けた小舟は
浸水してブクブクブク・・・・
 
勘助は,
沈んでいく小舟の中で
あせる原虎胤に対し
文字通りの助け綱を投げてから
湖畔の晴信と武田家臣団に
「兵者詭道也」とアピール。
 
それまで
勘助の能力を疑っていた武田家臣団も
血を流さずに勝利を収めたことで
勘助のことを一応は
認めるようになったのありました,
めでたし,めでたし。
 
とまあ,
本来は主人公が知恵で勝利を収めるという
痛快ストーリーのはずなんですが,
自分的には
小舟に穴を開けて浸水させるというシーンが,
昨夜視聴した「地獄少女 二籠」第二十五話と
オーバーラップして,
何か憂鬱な気分になってしまいました(笑)。
(「地獄少女」見ていない方は
何のことか分かりませんね,
すいません。)
  
 
○勘助,三条夫人に嫌われる
 
その頃,
晴信の次男・次郎(後の竜芳)が
疱瘡にかかってしまい,
三条夫人の必死の祈りにより,
命は助かりまするも失明。
 
その数日後,
躑躅ケ崎館の敷地内で,
勘助が教来石景政と一緒にいるところに,
三条夫人が太郎(後の義信)を連れて
通りかかります。
 
最初は
新参者の勘助に
気軽に声をかけていた三条夫人でございましたが,
勘助の左目の失明が
子供時代の疱瘡と知って顔色を変え,
親しげに勘助の顔に触ろうとした太郎を
無理やり引き止めちゃいます。
 
これが,
後に武田家の家中における
敵対勢力同士になってしまう両者の初対面というわけで,
いかにも分かりやすい演出でごわしますな。
 

○次回は「孫子の旗」 
 
次回で遂に風林火山の旗が誕生。
今のOPは
武田菱の旗ばっかり出てくるわけですが,
(風林火山の旗は最初のほうで一回のみ登場)
次々回のOPからは,
風林火山の旗がもっとたくさん出てくることを
ちょっと期待したいかも。
 

○おまけ・その頃の「巧名が辻」
今週の話は天正15年(1546年)。
山内一豊の誕生は,
この年ないし前年とされています。
 
勘助が鬼美濃を沈む船にはめた頃,
尾張の国・黒田城では
まだ赤ちゃんの一豊様が
すやすやと眠っていたというわけ。

|

« 大河ドラマ「風林火山」・第9回 「勘助討たれる」の感想 | トップページ | 大河ドラマ「風林火山」・第14回 「孫子の旗」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170425/14487062

この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマ「風林火山」・第13回 「招かれざる男」:

» 竜雷太 - 甘利虎泰 [風林火山 大河ドラマ]
武田家の重臣。板垣信方とともに「両職」と呼ばれる家老の座を占めた。甘利家は甲斐源氏の流れをくむ武田氏の一族で家格も武田家の中で抜きん出ていた。晴信の父・信虎の側近中の側近として信望が厚く、内乱続きの甲斐国を信虎が統一するにあたって力を発揮した。信虎追放のクーデターにあたっては晴信に家中の人望が集まるのを覚り、断腸の思いで主君の追放に手を貸すことになる。反勘助派の急先鋒となるが、晴信に対してはあくまで忠誠を貫き通し、その版図拡大を大いに助けた。... [続きを読む]

受信: 2007年4月 9日 (月) 17時16分

« 大河ドラマ「風林火山」・第9回 「勘助討たれる」の感想 | トップページ | 大河ドラマ「風林火山」・第14回 「孫子の旗」 »