« 大河ドラマ「風林火山」・第4回 「復讐の鬼」 | トップページ | 大河ドラマ「風林火山」・第5回 「駿河大乱」 »

2007年2月 3日 (土)

本日の高尾山

今年になって初めて高尾山に登った。
 
今回は1号路を登山ルートに選択。
本来ならば
今頃がもっとも寒い時期なのだろうが,
登り初めるとすぐに暑くなり,
たまらずセーターを脱いだ。
思わぬところで
暖冬の影響を実感する。
 

ところで,
今日の高尾山だが,
麓も1号路も土曜日にかかわらず
なぜか人が多い。

どうしたんかいな,と不思議に思っていたら,
途中の看板を見て謎が解けた。
今日は2月3日,節分の日なので,
高尾山・薬王院で豆まき行事があるのだ。
 
1号路途上にあるその薬王院(※)を通過したのが
午後1時20分頃。
すごい群集で
山頂に向かう階段を
なかなか通ることができないので,
しばらく
豆まき行事を見ることに決定。
※というか,
 登山道1号路は薬王院への参道が本来の姿である。
 
 
やがて
豆まきが始まり,
数分ほど経過した時,
集まった人たちの中から
「サブちゃ~ん!」という掛け声。
 
はてな,と思って 
壇上の豆まき衆の方を見てみると
そこには演歌の大御所・北島三郎の姿があったのだった。
 
20070203133433_1  
 
 
 
 
 
高尾山登山中に北島三郎の姿を
見ることができるとは予想外の展開。
 
 
しばらくすると
山頂方面の階段がようやく空いてきたので
再び登山を続行し,
20分くらいで山頂に到着。
 
 
今日は快晴だったので,
山頂から見える富士山を期待したのだが,
スモッグのせいでかすかに見える程度だった。
 
20070203135727_1
 
 
 
 
 
上の写真では分からないだろう。
 
この後,
1号路をゆっくりと下り,
1時間30分程で麓に到着。
 
さて, 
1号路の麓の出口を通り過ぎてすぐのところに,
普段見かけないような黒塗りの車が
意味ありげに停まり,
黒服の若い男性が後ろドアを開けて立っていた。
 
高尾山口駅に向かうために 
黒塗りの車の横を通り抜けようとして
ふと車の反対側を見ると・・・
ほんの数メートル先にいたのは,
また北島三郎!
 
ちょうど北島三郎が
ファンとスタッフに囲まれながら
迎えの車に乗り込むところに
知らず知らずに入り込んだのだった(笑)。

|

« 大河ドラマ「風林火山」・第4回 「復讐の鬼」 | トップページ | 大河ドラマ「風林火山」・第5回 「駿河大乱」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170425/13774984

この記事へのトラックバック一覧です: 本日の高尾山:

» 北島三郎 - 風よ [こんな音楽発見!]
北島三郎、2007年はこの曲で始動!46年目も芸道ひとすじに歩んで参ります。 [続きを読む]

受信: 2007年2月 4日 (日) 16時02分

« 大河ドラマ「風林火山」・第4回 「復讐の鬼」 | トップページ | 大河ドラマ「風林火山」・第5回 「駿河大乱」 »