« 大河ドラマ「風林火山」・第5回 「駿河大乱」 | トップページ | 冬の御岳山 »

2007年2月11日 (日)

大河ドラマ「風林火山」・第6回 「仕官への道」

武田家の家臣・前島昌勝は,
武田側における
福島越前守との連絡役をつとめていたのだが,
先週,
土壇場で主君・信虎が福島に援軍を出さないことを決定,
梯子をはずされた形になっていた。
 
今週は,
それに追い討ちをかけて,
信虎から前島追討命令が下る。
 
信虎の手先となって
前島の屋敷に夜襲をかけたのは,
武田家唯一の爽やか男・小山田信有@田辺誠一。
「逆らう者は切り捨てい!屋敷を焼き払え!」と
メンズノンノ系の顔立ちで言われると
なかなか怖いものがある。
 
これに対して
前島屋敷に匿われていた
福島越前守@テリー伊藤は,
屋敷奥から登場すると
攻め寄せてくる小山田勢を
あっという間に四,五人も切り捨てるという
働きをするのだが,
なぜか
メンズノンノ小山田の前に来ると
やる気を失って(?)腰が抜けてしまい,
あえなく討たれた。
これでテリー伊藤の出演は終了。
なかなかの怪演ぶりで良かったかも。
 
 
翌日,
小山田勢による前島屋敷夜襲を知った晴信は,
家臣団会議に乗り込んで
前島の助命を信虎に願い出るが,
あえなく撥ね付けられる。
晴信の横を通り過ぎるときに
されげなく晴信の体にぶつかっていく
信虎@仲代達矢。
文字どおり”衝突”というわけね。
 
 
会議後,
小山田信有は
甘利虎泰@竜雷太や板垣信方@千葉真一等の
家臣たちに取り囲まれ,
他の家臣に黙って今川家との和睦を図ったことにつき
詰問されるが,
あっさり切り抜ける。
ゴリさんや”闇の軍団”の半蔵も
メンズノンノにはかなわぬものなのだろうか(何じゃそりゃ)。
 

その頃,
山本勘助@内野聖陽は,
寿桂尼の推挙で
還俗して今川家当主となった今川義元と対面,
仕官を申し出るも拒絶される。
勘助の顔が気に入られなかったらしい。
ただ,
子供が泣いて怖がる顔だというんだけど,
内野勘助は現実には相当な男前なんだよな~。
ドラマ上も,
ミツとか寿桂尼とか女性にもてるし。
ひょっとして
義元は
(母上はあの男に気があるんじゃ・・・)と懸念して
仕官を認めなかったのかも。



さて,
天文5年7月,
京から三条夫人が晴信の下に輿入れする。
 
 
(その頃の功名が辻)
 先週と同じ天文5年なので特に書くことがないです。
 強いて言えば,
 豊臣秀吉はこの年の1月1日生まれとされているので,
 この時点で生後7ヶ月になったということくらい。
 一豊様の誕生まであと9年待ちましょう。
 
 
88年「武田信玄」の時の輿入れシーンでは,
三条夫人(クレジットは「三条の方」)@紺野美沙子は
強烈な白粉のために誰だか分からん状態だったと
記憶しているが,
今回演じる池脇千鶴はお化粧控えめだった。
 
 
 
今川家仕官がかなわなかった勘助の方は,
大叔父の庵原忠胤@石橋蓮司のもとから抜け出し,
北条家の本拠地・相模の小田原に向かい,
そこで上手い具合に
北条の嫡男・氏康との面会を果たすが,
一騒動持ち上がって・・・・
というところで,今週は終了。
 
 
それにしても
もう第6回だというのに,
いつになったら勘助は武田家に仕官できるんだ?
と思っていたら,
なんと勘助の仕官は第12回らしい。
あと5話分も浪人のまま・・・頑張れ,勘助。
 
 

では,最後に
風林火山チェックをどうぞ。

○今週の軍師度→☆
 仕官できないんじゃ,
 軍師も何もあったもんじゃないな。
 でも,寿桂尼からは
 その能力を買ってもらっているようなので,
 ☆1個だけ献上。
 
○今週の献愛度→☆
 今週もミツのことを思って
 復讐を誓う勘助。
 
○今週の信玄度→☆☆☆
 「御館度」から改名しやした。
 で,
 今週は,
 父・信虎と衝突したり,
 京から正室・参上夫人を迎えたりと
 いろいろあったけど,
 勘助とのやり取りはなかったので
 ☆3つ止まり。
 
○今週の好敵度→なし
 好敵手がどうのと言う前に
 まず仕官先を決めないと。
 
 
次週は第7回 「晴信初陣」。

|

« 大河ドラマ「風林火山」・第5回 「駿河大乱」 | トップページ | 冬の御岳山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170425/13873769

この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマ「風林火山」・第6回 「仕官への道」 :

» 風林火山〜第6話・勘助放浪! [一言居士!スペードのAの放埓手記]
風林火山ですが、武田が思うように攻めて来ずに当てが外れた山本勘助(内野聖陽)は、とりあえず伝助に八当たりです。伝助は、武田に戻るよう勧めますが、勘助は武田家に戻るつもりは更々なく、まずは今川家に仕官しようとします。(風林火山・第6話・仕官への道の感想、以下に続きます)... [続きを読む]

受信: 2007年2月12日 (月) 01時36分

« 大河ドラマ「風林火山」・第5回 「駿河大乱」 | トップページ | 冬の御岳山 »