« 大河ドラマ「功名が辻」・総集編スペシャル | トップページ | 戦国時代のボディスーツ!? »

2007年1月 2日 (火)

昨夜の紅白

昨夜のNHK紅白歌合戦(第57回)には
驚いた方も多かったのでは?
もちろん,
DJ OZMA のパフォーマンスのことである。
 
ところで
これに関する報道やブログ記事の中に
NHK初のトップレス姿の放映だと
しているものがあるようだが,
(昨夜の紅白は実際にはフェイクなんだけど)
過去にトップレス映像が放映されたことが
少なくとも一度ある。
しかも大河ドラマの中での話。
 
具体的には,
91年大河「太平記」の第1回「父と子」の中で
尊氏が生まれる直前のシーンにおいて
トップレスの巫女が登場しているというもの。
(おそらく御祓いをしていると思われる3人の巫女のうち,
一人がトップレスになって白い皿を割っている,というシーン。)
これはフェイクではないと思われる。 
 
同じ巫女3人組は第22回「鎌倉炎上」で再登場しており,
その際にも一人はやはりトップレスであった。
 
 
  
話を紅白に戻すと
DJ OZMAのパフォーマンス後の仲間由紀恵さん,
相当動揺している様に見受けられて,気の毒だった。
紅組は大敗してしまったしね~。

 
それと,
せっかく新旧大河の主役俳優が顔を揃えたのだから
仲間さんと内野聖陽(山本勘助役)とのやりとりがあっても
良かったんじゃなかろうか。
あ,そういえば,
大河史上最高視聴率(※)を誇る「独眼竜政宗」の渡辺謙も
ゲスト審査員として来てたんだっけ。
謙さんが仲間さん,内野さんにエールを送ってくれたら
大河ファンとしてはうれしかったかも。
 
(※)「独眼竜政宗」は4年ぶりの歴史物大河ということもあってか,
  平均視聴率は実に39.7%を記録している。
  去年の「功名が辻」は平均視聴率20.9%。
  もっとも,
  渡辺謙のもう一つの主役大河である「炎立つ」(93年~94年)は
  17.7%と苦戦している。
  (渡辺謙は3部構成の第1部と第3部の主人公を演じた)。
  私個人としては,
  「炎立つ」は上記の「太平記」と共に
  大河のナンバーワンに挙げたい作品の一つなんだけどね。
  ちなみに,
  完全に余談だが,
  「炎立つ」第1部には当時19歳の稲垣吾郎が
  脇役ながらレギュラーで(主人公・藤原経清の小者・小田忠平役),
  第2部にはまだほとんど無名だった豊川悦司が
  準主役(主人公・清原清衡の異父弟・家衡役)で,
  それぞれ出演している。

|

« 大河ドラマ「功名が辻」・総集編スペシャル | トップページ | 戦国時代のボディスーツ!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170425/13301200

この記事へのトラックバック一覧です: 昨夜の紅白:

« 大河ドラマ「功名が辻」・総集編スペシャル | トップページ | 戦国時代のボディスーツ!? »