« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月28日 (日)

大河ドラマ「風林火山」・第4回 「復讐の鬼」

冒頭,
山鳥をとって村に戻ってきた勘助は,
太吉(村人の一人)から
ミツ@貫地谷しほりの死を知らされる。
 
やはり,
先週のラストで
信虎@仲代達矢に弓矢で狙われて
命を落とたんだ,
と思いきや,さにあらず。
ミツと一緒にいた平蔵の話によると,
矢はあの摩利支天のブローチ(?)が防いでくれたが,
その後,起き上がったミツを見て,
その腹が大きいことを見つけた信虎は,
ミツの腹を・・・というむごい展開だった模様。
これは多分,
甲陽軍鑑が伝える信虎の残酷行為に
基づくものだと思われる。
 
ちなみに,
貫地谷しほりは今回は死体と回想だけの出演。
いい演技を見せてくれていたのに
もったいないな。 
 
 
この後,
伝助(ミツの兄)が刀を持って外に出て行こうとするが,
勘助に落ち着くよう諭される。
 
しかし,
この直後,伝助ら村の男たちを
自分に仕えるよう誘いに来た板垣信方@千葉真一を見た
勘助は,
自分自身が逆上,板垣に切りかかってしまう。
 
こうして板垣信方VS山本勘助の真剣の立会いが実現。
 
勘助はまたまた見事な太刀捌きを見せるが,
さすがに
かつて影の軍団を率いていた千葉板垣にはかなわず,
ねじ伏せられる。
しかし,
ここで勘助は板垣に名を名乗った上で,
仕官を申し出て,命を助けられるのだった。
 
なお,
板垣の脇で余り目立たなかったが,
なぜか
原虎胤(鬼美濃)は
村人たちにバチバチと鞭をふるい,
信虎に負けないサデスティックさを披露。
ホントに
去年のコミカルな「功名が辻」とは打って変わった
ハードな大河である。
 
 
この後,
平蔵が仕官を拒否して村を出奔するという展開があったりしたが, 
最終的に
勘助と伝助,太吉の三人は仕官することを決め,
板垣の屋敷を訪問。
板垣は三人を連れて寺に行く。
 
そこで
勘助たちを待っていたのは,
武田家の嫡男・晴信(後の信玄)@市川亀治郎。
この若殿,
お顔を改めて拝見してみると,
「功名が辻」の六平太にどことなく似ている。
しゃべったら,声の質まで似ている。
実は
晴信が最初の室(上杉朝興の娘)との間につくった子供が
密かに生き延びていて六平太になったんじゃなかろうか?
(↑ウソです,スマソ。
市川亀治郎さんと香川照之さんは従兄弟だから
似ていて当然。)
  

登場した晴信は
ミツの死について
伝助と勘助に頭を下げてわびる。
なんとも御優しい若殿だが,
できればその優しさを
鹿狩りの時にミツをかばう形で発揮してほしかったような。
 
さて,
晴信は謝罪した上で
勘助を近くに召し出し,
恨みでは武田は討てない,
失望の中にこそ大望がある,
大望゛かなければ恨みを晴らしたとて何になる,
と諭して,その場を去る。
 
何か分かったような,分からないような理屈だが,
とりあえず勘助たちは丸め込まれたような形に。
 
寺から下がる際,
「若侍がこのワシを侮りおって・・・」と憤る勘助。
ちなみに,
この時点(天文5年(1536年))で
勘助37歳(本ドラマは1500年出生説らしい),晴信16歳のはずで(数え年),
そりゃ勘助は怒るわ。
しかし,
考えてみると,
勘助は第1回の時点で既に35歳。
大河の主人公のスタート時の年齢としては,
異例な高齢ではある。
 
 
その後,
板垣信方は勘助に対して
間者として駿河に行って情勢を探るよう命じる。
兵法を学んできた勘助に
間者になれと命じるとは如何にも奇妙な話だな。
実は
板垣は元々間者の棟梁をしており,
後の上田原の戦いでは戦死せずに
密かに服部半蔵と名前を変えて徳川家康に
仕えたのではなかろうか?
(↑これもウソです。)

 
こうして
勘助は再び駿河の庵原忠胤(勘助の大叔父)を訪ねるが,
そこで待っていたのは
今川家の当主・氏輝の死の報だった。
駿河に大乱の兆しが走る・・・といったところで
今週は終わり。
 
終盤で
梅岳承芳(後の今川義元)がチラッと登場。
今川義元は
去年の「功名が辻」でも登場しており,
2年連続の同一キャラクター登場は久しぶりではなかろうか。
そもそも近年の大河では
同じ年代を2年連続で取り上げることがなかったしね。
ちなみに
大河最盛期の87年~89年には
3年連続で戦国期が取り上げられ,
徳川家康が3年連続で登場したことがある。
 

それと,
OPのクレジットに
小山田信有@田辺誠一が出ていたけど,
どこかに登場していたかな?
 
 
では,最後に
今週からはじめた
「風林火山」チェック・5段階評価をどうぞ。
 

は路傍の花の如く度→☆☆☆☆☆
 ミツがかわいそうだ~(泣)
 それにしても
 初期ヒロインがあっさりと退場して
 由布姫の登場までどうすんだろ?
 次週予告で
 勘助が寿桂尼(今川義元の生母)の手を引いていたけど,
 もしかして?

主君は聳る山の如く度→☆☆☆
 今週が初顔合わせ。
 勘助は馬鹿にするなと怒っていたけど。

好敵手は疾風の如く度→☆☆☆☆
 一応,現時点での勘助の主敵は
 御館様(信虎)ということになるのかな。
 それ程の狂気は感じないんだけど,
 あっさりミツを殺害してしまうのが恐い。
 
こそわが生きる道度→なし
 今週は合戦シーンなし。
  

 
次回は第5回 「駿河大乱」 。
花倉の乱を正面から取り上げるのは
大河史上初めてじゃないかな。
 



 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年1月21日 (日)

大河ドラマ「風林火山」・第3回 「摩利支天の妻」

先週,今週と,
「風林火山」のOP前のコーナーは
解説ではなくて,
その日の本編の冒頭部分だった。
今後もこのパターンでいくのだろうか?
正直,私的には,
名前を見ただけではよく分からない登場人物が多いので,
登場人物の解説が欲しいところ。
 
それと今週になってやっと気がついたんだが,
オープニング中には
空,水,花,土の4つの漢字が
筆書きであらわれる。
これは何を意味するのかな?
 
 
本編の方は,
葛笠村に戻った山本勘助@内野聖陽と
ミツ@貫地谷しほりの恋模様の行方,
ならびに
遊興にふける武田晴信@市川亀治郎と
即席の和歌で諌めようとする板垣@千葉真一のやりとり
の二本立てストーリー。
 
 
後者のエピソードは
信玄ファンには結構有名な話らしいのだが,
私はぜんぜん知らなかった。
88年大河「武田信玄」にも同様の話が
あったっけか? 
それと
遊興と言っても夜更かしと和歌だけじゃん。
 

恋模様の方については,
当初,勘助が
妊娠したミツの子が誰の子か分からぬなどと暴言を吐いて
伝助や平蔵らとトラブルを起こすなど
荒れ模様の展開に。
しかし,
言葉と裏腹に,
村で畑仕事に励むなど,
勘助は次第にミツや村人たちに溶け込んでいき,
ミツとは事実上の夫婦の生活を送るようになる。
 
晴信の意を受けた原虎胤(鬼美濃)@宍戸開(※)が
(先週,都合よく晴信とミツは接触していたのだ)
ミツを侍女にするために迎えに来るが,
お腹の大きなミツの姿を見て断念という出来事もあったが,
概ね平穏に日々は過ぎていく。
 
※ちなみに,
  88年大河「武田信玄」で原虎胤を演じたのは宍戸錠(宍戸開の父親)である。
 
なお,「武田信玄」には宍戸開自身も晴信の近習として出演している。
 
そして,ある日,
鹿狩りをする信虎・晴信と武田家臣団の前に
草取りをしていたミツが姿を現す。
ミツのせいで鹿が逃げてしまい,
怒った信虎はミツに矢を向けて放った・・・
ところで次回に続く。

ミツ役の貫地谷しほりは
方言の多いセリフを無難にこなしており,
非常に良い演技。
由布姫(諏訪御寮人)登場までの
ショートリリーフ的ヒロインなのが惜しいほど。
 
 
メインストーリー以外に目立ったのは
武田家臣団唯一のさわやか男・小山田信有@田辺誠一と
信虎の夢の中に出てきた馬。
 
小山田信有については
信虎の信濃侵攻作戦を評定で賛意を示したかと思えば,
家臣団だけの雑談の場では一転して批判するなど,
さわやか風の顔立ちの割に
表裏のある人物。
心に秘めた目的があるとか,
そんな感じなのかもしれないけどね。
 
信虎の夢の馬は,
暗くて黒い雲間から出てくる黒い馬で
なんか,05年大河「義経」のOPに出てくる白馬を暗くしたような感じだった。
「義経」,「功名が辻」に続いて
「風林火山」も馬が活躍することになりそうな予感。
 
 
今週もとりとめのない話を
書き連ねただけになってしまったな。
早く晴信と勘助が出会ってくれないかな,
などと思ったら,
次回の第4回 「復讐の鬼」で出会うことになるみたいだ。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2007年1月14日 (日)

大河ドラマ「風林火山」・第2回 「さらば故郷」

「風林火山」のOPだが,
冒頭で
「疾如風、徐如林、侵掠如火、不動如山」を朗読する
ナレーションが入る。
大河のOP中に言葉が入るのは珍しいことで,
しかも曲にあわせた歌声ではないのは始めてじゃなかろうか。
(歌声の例としては
「新選組!」や「信長 KING OF ZIPANGU」などがある。)
 
それと「風林火山」のタイトルにもかかわらず
OP中に実際に風林火山の旗が出てくるのは
最初の方の1回のみのようだ。
武田菱の旗はたくさん出てくるのだが。
 
 
本編の方は,
勘助が三河の養父母の家に戻ったものの,
養父母に実子が生まれていたために
疎まれて出奔,
今度は生家のある駿河に向かったが,
実兄や大叔父に疎まれ,
あげくに殺されそうになる,
というのがメインストーリー。
 
今回は(も?),
浪人中の勘助が
歴史上の重要人物に関わってこなかったので,
勘助の登場するシーンには余り没頭できなかった。
勘助が入浴するシーンで,
内野聖陽が筋肉隆々だったのが印象に残った程度。
 
それにしても
隻眼,片足が不自由なために
仕官がかなわないはずの勘助なのだが,
竹林で数名の刺客に襲われるシーンでは,
刺客たちを次々と切りまくって圧勝。
これなら
剣の腕前で十分に仕官がかないそうなものだ。

 
勘助以外では,
武田家における父子対立がちょこっと描かれたのと,
今川家の家臣団会議に
寿桂尼@藤村志保が顔を見せたのが
目立った程度で
やや盛り上がりに欠けたかも。
 
武田家父子対立のシーンにおける
武田信虎@仲代達矢だが,
演技は流石に重厚なものの,
88年大河「武田信玄」で信虎を演じた
平幹二朗の演技と比較すると
どうしても貴族的雰囲気というか,
お上品な感じがしてしまい,
今ひとつかもしれない。
というか,
平幹の信虎役がすごすぎるんだけどね。
 
 
藤村志保が演じる寿桂尼の方は,
「武田信玄」における寿桂尼@岸田今日子と
そっくりだった。
演技だけでなく声の質まで似ていたような。
意識的に真似をしたのだろうか。
 
 
ともあれ,
故郷を捨てた山本勘助は,
先週の舞台だった甲斐・葛笠村に立ち戻る。
勘助の姿に気が付いたミツが
駆け寄っていくシーンで今週は終了。

 
う~ん,今週も
余りストーリーにのめりこめなかったかも。
特に
武田の武将たちが
皆なんだか判で押したようにワイルドなタイプで,
区別しづらいのが
どうにも気にかかっちゃうんだよな,これが。
ま,
今週はラストの方で
さわやかなタイプの武田武将も登場したので,
(田辺誠一のこと。しかし,誰の役なんだ?)
次週以降の展開に期待しよう(何だそりゃ)。
 
 
次週は第3回 「摩利支天の妻」。
「風林火山」のヒロイン役かと思われたミツだが,
あえなく退場してしまうらしい。


 

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2007年1月 7日 (日)

大河ドラマ「風林火山」・第1回 「隻眼の男」

今年度の大河ドラマ「風林火山」の記念すべき第1回。
 
OP前にまず山本勘助@内野聖陽の独白による
主要キャラの紹介。
武田晴信(成人後),上杉謙信,由布姫など
今週は本編に登場しないので,
まずは顔見せといったところだろうか。
 
 
OPだが,
「功名が辻」のOPが全編CGだったのに対して,
今回は武田騎馬軍団の実写シーンをベースにしたもの。
音楽も勇ましい調子のものになった。
 
 
で,
肝心の本編をレビューしたいと思うのだが・・・・
正直言って,わからーん!という感じ。
 
架空キャラと歴史上の人物が交互に次々と登場してくるので,
誰が誰だか分からなくなってしまう。
今週,登場した人物の中で
来週まで確実に覚えていられそうなのは
山本勘助,ミツ@貫地谷しほり,武田信虎@仲代達矢くらいかも。
 
 
一応,ストーリーとしては,
武田信虎率いる武田軍と,
敵対する今川,北条の両軍勢との合戦を背景に,
勘助(今週の時点では大林勘助)と甲斐・葛笠村の農民の娘・ミツが
次第に親しくなっていく様子を描くというものだった。
 
主役の勘助を演じる内野聖陽さんは
98年大河「徳川慶喜」で演じた水戸藩主・徳川慶篤(慶喜の実兄)役での
線の細いイメージが強かったのだが,
今回はなかなかワイルド。
今後が楽しみだ。
 
ミツ役の貫地谷しほりさんは
強い方言が入るセリフを一生懸命に好演。
ただ,転ぶ際に両手を先に出してしまうのは
どうかな?と思った。
「功名が辻」での上川隆也さんの転倒ぶりを見習ってほしいかも。
 
武田信虎役の仲代達矢さん,
今回は出番が少なかった。
88年「武田信玄」の信虎@平幹二朗を上回る狂気ぶりを
期待したいところ。
 
 
う~ん,第1回なのに
あんまり書くことがないな~。
ま,
今週は顔見せの回ということで納得するずら。
 
 
あ,そうそう,
本編最後のナレーションで
 ”風林火山,まだそのような旗は
 この世に存在もしていなかったころの話である”
と言っていたんだけど,
北畠顕家(南北朝時代の公家・武将)も
使っていたんじゃなかったっけかな。
 
 
 
次回は第2回 「さらば故郷」。
勘助が故郷を去るストーリーらしい。
 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年1月 6日 (土)

戦国時代のボディスーツ!?

年末のNHK紅白における
DJ OZMAの衝撃パフォーマンスから
1週間がたったが,
まだまだ余韻は冷めないようで,
多くのブログで話題に取り上げられているようだ。
各ブログを見るところでは賛否両論があるようだが,
いずれにしても,
あの裸のボディスーツがいささかリアルすぎたことに
騒動の原因があることは否めない。
 
 
ところで,
戦国武将にも裸を模した”ボディスーツ”が存在したことは
意外と知られていないのではなかろうか。
そのひとつが
石川県立歴史博物館所蔵の「紅糸威仁王胴具足」である。
(リンク先を開くにはアクロバットリーダーがインストールされている必要あり)
 
写真を見ると分かるとおり,
胴(仁王胴)には
乳首や肋骨が描かれている。
色は金箔だが,
一見すると肌色のようにも見えるので,
この甲冑を身に付けて戦場に出たら
上半身が裸のまま兜をつけているように
勘違いされたかも知れない。
 
このようにユニークな甲冑が作られた理由だが,
博物館の説明文によると,
群衆の注意を引くこと,つまり目立つことが
理由と考えられるとのこと。
 
私などは
一騎打ちなどの際に
上半身裸だと敵に勘違いさせ,
油断を招くことで戦闘を有利に導こうというのが
理由じゃないかとも思うのだが・・・
いかがだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 2日 (火)

昨夜の紅白

昨夜のNHK紅白歌合戦(第57回)には
驚いた方も多かったのでは?
もちろん,
DJ OZMA のパフォーマンスのことである。
 
ところで
これに関する報道やブログ記事の中に
NHK初のトップレス姿の放映だと
しているものがあるようだが,
(昨夜の紅白は実際にはフェイクなんだけど)
過去にトップレス映像が放映されたことが
少なくとも一度ある。
しかも大河ドラマの中での話。
 
具体的には,
91年大河「太平記」の第1回「父と子」の中で
尊氏が生まれる直前のシーンにおいて
トップレスの巫女が登場しているというもの。
(おそらく御祓いをしていると思われる3人の巫女のうち,
一人がトップレスになって白い皿を割っている,というシーン。)
これはフェイクではないと思われる。 
 
同じ巫女3人組は第22回「鎌倉炎上」で再登場しており,
その際にも一人はやはりトップレスであった。
 
 
  
話を紅白に戻すと
DJ OZMAのパフォーマンス後の仲間由紀恵さん,
相当動揺している様に見受けられて,気の毒だった。
紅組は大敗してしまったしね~。

 
それと,
せっかく新旧大河の主役俳優が顔を揃えたのだから
仲間さんと内野聖陽(山本勘助役)とのやりとりがあっても
良かったんじゃなかろうか。
あ,そういえば,
大河史上最高視聴率(※)を誇る「独眼竜政宗」の渡辺謙も
ゲスト審査員として来てたんだっけ。
謙さんが仲間さん,内野さんにエールを送ってくれたら
大河ファンとしてはうれしかったかも。
 
(※)「独眼竜政宗」は4年ぶりの歴史物大河ということもあってか,
  平均視聴率は実に39.7%を記録している。
  去年の「功名が辻」は平均視聴率20.9%。
  もっとも,
  渡辺謙のもう一つの主役大河である「炎立つ」(93年~94年)は
  17.7%と苦戦している。
  (渡辺謙は3部構成の第1部と第3部の主人公を演じた)。
  私個人としては,
  「炎立つ」は上記の「太平記」と共に
  大河のナンバーワンに挙げたい作品の一つなんだけどね。
  ちなみに,
  完全に余談だが,
  「炎立つ」第1部には当時19歳の稲垣吾郎が
  脇役ながらレギュラーで(主人公・藤原経清の小者・小田忠平役),
  第2部にはまだほとんど無名だった豊川悦司が
  準主役(主人公・清原清衡の異父弟・家衡役)で,
  それぞれ出演している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »