« 大河ドラマ「功名が辻」・最終回「永遠の夫婦」 | トップページ | 昨夜の紅白 »

2006年12月25日 (月)

大河ドラマ「功名が辻」・総集編スペシャル

昨日(12月24日)に放送された
「功名が辻」総集編スペシャルについて
ちょっとだけ感想を。
 
結論から言うと端折り過ぎの感が強かった。
何せ放送時間は
午後7時30分~10時44分までで,
二部構成で
途中に15分のニュースを挟んでいるから
実質3時間。
武田鉄矢の講義や一人二役コントが
入ったせいもあって
本編は更に短い。
 

ちなみに
平均視聴率では「功名が辻」を下回ったらしい
去年の「義経」の総集編は,
二日間にわたる3部構成で本編がトータル3時間45分,
これとは別に
出演者による「主従座談会」もあった。
更に,
総集編スタートの冒頭では
義経(の格好をしたタッキー)と現代のタッキーが
すれ違うというオマケ映像付である。
(すれ違いざま
義経が「待っていたぞ」と言って
タッキーの腕を掴む,
というなかなか面白い趣向だった。) 
 
全盛期の大河のように
総集編を5夜連続放送するとかは無理だろうが,
せめて「義経」なみに
本編の放送時間を充実するとか,
特典映像を付けるとか,
できなかったものかいな,
などと「功名が辻」ファンの一人としては
どうしても思ってしまうのである。
(武田鉄矢の一人コントが特典映像だったりして。)
 
 
なお,大河総集編の後には
来年の大河の予告編が放送されるのが
例年のお約束であるが,
今回も「功名が辻」総集編の終了後に
「風林火山」の予告編が流された。
予告編の内容そのものは
「功名が辻」最終回の後に流れた予告編と
全く同一で,
いたってシンプルなもの。

 
NHKの大河ドラマHP
既に「風林火山」に模様替え済み。
なるほど,
これが「疾きこと風の如く」というわけかいな?

|

« 大河ドラマ「功名が辻」・最終回「永遠の夫婦」 | トップページ | 昨夜の紅白 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170425/13199096

この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマ「功名が辻」・総集編スペシャル:

« 大河ドラマ「功名が辻」・最終回「永遠の夫婦」 | トップページ | 昨夜の紅白 »