« 大河ドラマ「功名が辻」・第39回「秀吉死す」 | トップページ | 大河ドラマ「功名が辻」・第41回「大乱の予感」 »

2006年10月 9日 (月)

大河ドラマ「功名が辻」・第40回「三成暗殺」

今週はサブタイトルどおり
加藤清正・福島正則らによる石田三成の大阪屋敷襲撃事件が
ストーリーの中心。
 

冒頭,
石田三成は,
朝鮮戦役から帰国した福島正則,加藤清正,小西行長を
出迎え,「ご苦労様でございました」とねぎらう。
なぜか
福島,加藤,小西の三名は
甲冑着込んでいる上に,ザンバラ髪で泥だらけ。
帰国後,
三成に会うまで一度も風呂に入る機会が
なかったんだろうか?

福島,加藤の両名は,
ご苦労様で済むか!と激怒し,
三成に食って掛かろうとする。
行長が,
三成のおかげで無事に撤退できた,と両名を止めて収まったが,
ムードは最悪。
この直後,
三成が太閤崩御の事実を伝えると,
福島,加藤の両名は再び激怒。
彼らは太閤の死をしらなかったらしい。
うーん,
朝鮮戦役在陣中ならまだしも,
帰国後も三成に会うまで太閤の死を知らなかったって
福島,加藤の両大名の
情報収集能力はどうなってるんだ?
三成を怒る前にやるべきことがありそうだが。

さて,
怒りが収まらない福島と加藤は,
秀頼君に帰国挨拶してから領地に戻るよう
勧める三成に向かって,
日本で楽をしていた者にそんなことは言われたくない,黙れ,
と言い返し,
今度は三成に切ってかかろうとするが,
またまた行長らに止められ,
その場から立ち去ってしまう。
史実としては,
三成も文禄の役の時に朝鮮に渡っているんだけど,
福島,加藤は忘れてしまったようだ。
 
 
その頃,
千代・一豊の夫婦は,
「寧々様,いかがお過ごしでしょうか?」という
千代の気まぐれな一言から
大阪城・西の丸の高台院(寧々)を訪問。
そこで
先客として来ていた家康と出会って
ビックリ仰天。
淀殿・三成ラインに対抗するため
高台院は家康とのつながりを深めていたのだった。

 
その後,
大名同士の勝手な婚姻を禁ずる秀吉の遺訓を破り,
家康は
六男・松平忠輝と伊達政宗の娘(五郎八姫)の婚儀をまとめるなど,
自身と諸大名との結びつきを強化していく。
この忠輝と五郎八(いろは)姫って,
後に忠輝が秀忠によって改易された際に離別しちゃうんだけど,
その辺りの経緯は
87年「独眼竜政宗」で詳しく触れられている。
 

度重なる家康の盟約違反に
三成らは家康詰問の動きを起こす。
対する家康は自分の屋敷に兵を集めて合戦準備。
一豊は三成の意を受けて
堀尾吉晴(茂助),中村一氏(孫平次),生駒正親と
連れ立って家康の屋敷を訪れるも
詰問するどころか家康の迫力の前に
たじたじとなるばかりで,
逆に言いがかりを付けた者に「うつけもの」と伝えよと
言われる始末。
  

これを聞いた三成は前田利家に頼る。
先々週くらいまで
「功名が辻」の登場人物が口にすることが
タブーだった「前田利家」という名前だが,
先週のご当人の登場で解禁になった模様。
しかし,
文禄4年閏3月3日,その利家が死去。
 
その日,
激しい雷雨に怯えていた千代のところに
六平太が2週ぶりに登場。
堀尾吉晴の徳川方寝返りを伝えた上で,
山内家が徳川に付くか三成に付くかは
千代の腕の見せどころだとニヤリ。
「面白そうに言わないで!」って,
千代,せっかく情報教えてもらってそれはないんじゃ。
だが,
そんなことよりも,
六平太,どうして先週出なかったんだよ~(←先週からしつこい)


その夜,
福島正則,加藤清正,細川忠興,黒田長政らが
石田三成の大阪屋敷を襲撃する事件が発生。
 
が,
三成は一豊の手引きで
間一髪で屋敷を脱出。
三成は女装して一豊と2人で逃避行。
かえって怪しいんじゃなかろうか,
と思っていたら,
案の定,
数名の兵が怪しんで近付いてきたが,
なぜか
顔も調べずに去ってしまった。
福島,加藤らの兵たちの検問能力がこの程度では
三成の告知まで
太閤の死を知らなかったのも
無理ないかも。
 
一豊と三成は
途中で新一郎と合流した上で,
どうにか川縁にたどり着く。
そこで,
三成は一豊に助力を感謝すると共に
自分に味方することを頼むが
一豊は山内家の行く末を考えて躊躇し,
即答できない。
三成はそんな一豊に
返事は今すぐではなくていい,
来るべき決起の時には必ずお助けくだされ,と
手を握って再度頼むのだった。
三成@中村橋之助と一豊@上川隆也の
このやりとりは
短いシーンながら重みずっしりという感じ。

そこに五藤吉蔵が
三成に味方する小西行長らの屋敷周辺に
兵が徘徊していることを報告。
(その際に
吉蔵@小倉久寛がズッテーンと転んで
体を張ったギャグを披露。)
 
八方塞に見えたが,
三成は奥の手として家康の屋敷に向かうを
決意するのだった。
 
それにしても,
新一郎も吉蔵も既に山内家の重臣のはずなんだが,
今回の件で一豊の手足となって動いたのは
この2人だけ。
福島家・加藤家だけでなく
山内家の方も家臣に人材が不足しているようだ。
今からでも遅くないから
六平太をもう一度,雇った方がいいがな,一豊殿。
 
ところで,
この事件だが,
史実としては
三成が逃げ込んだ先は家康の屋敷ではなくて
伏見城だったようだ。
また,
脱出の手助けをしたのは
佐竹右京大夫義宣(この当時は常陸54万石)という大物。
 
  
ともあれ,
この事件の結果,石田三成は居城・佐和山城に隠居。
「治部少に過ぎたるものが二つあり 島の左近と佐和山の城」と
うたわれたというあの城である。
そういえば,
「功名が辻」では島左近は出てこないのかな?
何か,多数の感想系ブログで指摘があると
反映されることもあるという噂もあるので一応書いておく・・・って
もうクランクアップしてるから無理か。
 
事件後,屋敷の一室で
今後の見通しと山内家の身の振り方について
話し合う千代と一豊。
千代は,
家康は陰謀によって,
三成に兵を集めさせて決起させ,
一挙にたたいて天下を取るつもりです,と
関が原の戦いを予言するような発言。
ノストラダムス(※)にでもなったつもりか。
それにしても,
千代にあっさり見破られるのでは
家康の陰謀も大したことないんじゃないかい。
 
(※)いわゆる「ノストラダムスの大予言」で知られる
   詩集を著したフランスの人物。
   なお,ノストラダムスが53歳ないし54歳の時に
   千代が誕生した計算になるので,
   一応,両者は同時代人といえる。

 
一方の一豊は煮えきらず,
千代ならどうする?などと千代の意見を聞いた上で,
「よし,よく考えてみる!」と結論留保のまま
部屋から脱出。
千代が「旦那様!」と一豊を追い掛け回すところで
今週は終了。
ラストがラブコメ風になるとは予想外であった。
 
 


何か,今週も
単にストーリーをなぞっただけの
レビューになってしまった気がする。
スマソ。
まあ,気を取り直して,
最後に「功名が辻チェック」をどうぞ。
 


○今週の功名度→☆☆☆
  石田三成を助けたのが
  功名にとってプラスなのかマイナスなのか
  判断が難しいがね。
   それにしても,
  どっちに付くか散々迷っているはずの一豊殿が
   三成救出だけは速攻で動いたのは
  ちょいと不思議かもな。
○今週の愛情度→☆☆☆☆
   「私とて嘘を付きまする」という千代だが
   どんな嘘を付いたことがあるのかは
  一豊の突っ込み不足で不明。
○今週の隠密度→☆☆☆
  先週出てほしかった~(←いいかげんしつこい)
○今週の冶部度→☆☆☆☆
  義の男・石田治部少輔三成,
  今週は準主役的な活躍。
  関係ないけど
  「義の男」という字を見ると
  たのきんトリオの野村義男を連想してしまうのは
  私だけだろうか?
○今週のお笑度→☆☆☆☆
  小倉久寛さんがドッテーン!と転倒。
  千代と一豊が追いかけっこ。
 
 

次回は第41回「大乱の予感」。
今週の展開だと
すぐにでも関が原の戦いに行きそうな感じなんだけど,
実際には結構引っ張るみたいだ。

|

« 大河ドラマ「功名が辻」・第39回「秀吉死す」 | トップページ | 大河ドラマ「功名が辻」・第41回「大乱の予感」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170425/12204979

この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマ「功名が辻」・第40回「三成暗殺」:

» ついに本音を出し始めた、「たぬき」家康。 [「大河ドラマ」ブログ 〜NHK大河ドラマ、「功名が辻」の感想。]
ついに本音を出し始めた、「たぬき」家康が本領を発揮。とてもわがままで、挑発的です。浅井・朝倉に挟み撃ちにされた時に家康に助けられて以来、家康ずっとかっていたので簡単に「家康派」になびくと思いきや、秀吉への義理でなぜか1番の「光成側」に。関ヶ原直前に、どち....... [続きを読む]

受信: 2006年10月 9日 (月) 20時25分

« 大河ドラマ「功名が辻」・第39回「秀吉死す」 | トップページ | 大河ドラマ「功名が辻」・第41回「大乱の予感」 »