« イタリア式結婚式 | トップページ | 大河ドラマ「功名が辻」・第38回「関白切腹」 »

2006年9月18日 (月)

大河ドラマ「巧名が辻」・第37回「太閤対関白」

先週流れた
上川隆也・仲間由紀恵の交際報道には,
「功名が辻」ファンの皆さんも
少なからず驚いたのではなかろうか。
むろん,まだ真偽は分からないわけだけど。 

ドラマ終盤に向けての
視聴率てこ入れのための話題作りではないか,
という見方もあるかもしれないが,
大河ドラマに限っては
そんな小細工はしないんじゃないかな。
大体,「功名が辻」は
最近の大河の中では視聴率では健闘している方である。 

それにしても,
もし本当だとしたら
上川さん,本当に凄いな~と思う。
御両人は一豊・千代よりも
年齢差があるはずだし(←よけいなお世話じゃ)。
 
 
さて,「小細工」といえば,
今週は何者かの小細工により秀吉と秀次の対立が
進んでいくというストーリー展開であった。
 
秀吉と淀殿の男子・拾(後の秀頼)誕生の
祝い言を述べるために
秀吉のもとを訪れた秀次に向かい,
秀吉は,
秀次の3歳の娘と拾を夫婦にさせたい,と申し出る。
が,秀次は若君が元服してからその話をしてほしい,
と返答。
当然ながら,秀吉は激怒してしまう。
 
この後,
一豊と中村一氏(孫平次),堀尾吉晴(茂助)の三人が
薄暗い部屋に集まって協議するも
例によって一豊と一氏が対立するのを
吉晴がまあまあと抑えて終了。
何のために宿老3人が集まったんかいな。
 
 
一豊たちは
このように愚痴を言い合うだけだったが,
おさまらないのは
前野景定等の秀次周辺の若手側近たち。
人情として自分の子に家督を譲りたいのは無理からぬこと,
若君(拾のこと)が元服したら
関白職を譲ってもよいと考えている,
と優等生的な発言をする秀次に対して,
秀吉の側室の中で淀殿にだけ子供ができるのは怪しい,
などと煽ってしまうのである。

これを聞いた秀次は,何じゃと!?とか言って驚いているが,
今までこのネタを耳にしたことがなかったんだろうか。
世間の噂を収集するのも天下を治めるには不可欠だと思うんだけど。
それ以前に
あの反・淀殿派ぞろいの若手側近連中が
秀次にこのネタを今まで提供していなかったのもちょっとヘンかも。

ともあれ,
秀次はこの話を半分くらいは信じてしまったらしい。
 
 
一方,秀吉の方には
秀次が10人もの側室を抱えているなど
良からぬ情報が入り,
秀吉の秀次不信はますます募っていく。
 
 
そして,
秀吉と秀次は再度の面会の日,
秀次が拾を抱こうとして
泣かせてしまったことをきっかけに 
ついに本格的に衝突。
秀吉から罵倒された秀次は
自分も豊臣の跡継ぎの一人ではないのか,などと言って
秀吉に反抗的態度を取ってしまう。
このシーンだが,
どう見ても赤ちゃんの拾を秀次に渡す前に
秀吉が自分で泣かせているとしか思えない。
拾役の赤ちゃんがなかなか泣いてくれなかったんで,
やむを得ず柄本明が泣くようにし向けたのかな?
柄本さんも大変だったろうが,
泣かされる赤ちゃんもちょっと災難ではある。
 
このやりとりを知った
秀次の側近たちは激高し,
一豊たち宿老が止めるのも聞かずに
秘密裏に戦の準備を開始し,
連判状を回すとともに,
朝廷工作のために多額の献金をする。
これが後で命取りになるとも知らずに・・・。 
 
万策尽きた一豊は千代を伴って
秀吉に面会を求めにいくが
秀吉は病気で会えないという返事を
石田三成から冷たく伝えられる。
あからさまな面会拒絶だが,
それでも千代は
秀次様は叔父上様からお褒めの言葉がほしいだけなのでございます,
とだけ伝えてほしい,
と三成に食い下がる。

 
その夜,
寝室で千代と話していた一豊は
曲者の気配を感じて天井に槍をグサッ!
しかし,
天井にいたのは敵ではなくて六平太。
六平太は一豊の槍で怪我をしてしまったらしい。
避けられなかったのは
大陸で負った怪我が治っていないせいか。
 
六平太は
前野長康が秀吉の手で捕縛されたことを
千代と一豊に知らせる。
千代は,これからどうしたらいいの,と六平太に問う。
一豊は千代に質問をやめさせようとするが,
千代は六平太は味方だと言い返す。
 
久々の三角関係シーンである。
質問をやめさせようとした一豊の行動には,
誰に付くのか定まらない六平太に対する不信以外にも
嫉妬のようなものが覗われる。
何せ
千代は一豊に対しては
どうしたらいいのか,なんて決して質問しないわけであるし。
 
問いに対する六平太の答えは,
強い方につくしかあるまい,というものだった。
山内家存続のためには
当然といえば当然すぎる回答ではあるが,
千代も一豊も
秀次を見捨てるような行動をなかなかとれないことを見越して
背中を押すつもりで
あえて六平太はそう言ったのだと思う。
  
 
その頃,
中村一氏は
既に秀次を見捨てるよう行動を取っていた。
打倒・秀吉に向けた連判状を入手し,
秀吉に差し出していたのである。
既に朝廷への多額献金も発覚しており,
秀次の命運は尽きつつあった。
 
秀吉は一氏に
秀次を連れてくるよう一豊に伝えることを命じる。
もし連れてこないときには
「山内家も謀反に荷担したものと断ずる。」
先週の次週予告では「」の中の発言だけ流されたんで
山内家の謀反荷担が
秀吉に断定されたように聞こえたんだけど,
条件付きだったわけね。
騙された~,と思った視聴者は私だけではあるまい。
 
 
ところで,
秀吉・秀次反目の”小細工”の主だが,
石田三成の発言で判明。
「大蔵卿局どの,小細工が見え透いておりますぞ」
つまり
淀殿の側近・大蔵卿局が小細工をやっていたのだった。
このシーンまで
三成が小細工をしているのだと思っていた
視聴者も多かったはず。
三成はむしろ小細工を不快に思っていたような発言であるわけで,
ここでも騙された~という感じかな。
やはり
「功名が辻」の三成は「義の人」として描かれるのだろう。
 
この”小細工”の内容だけど,
秀次の悪評を流すのが含まれるのは当然だとして,
秀次に反乱を煽ることや 
拾の父親は秀吉ではないという噂を流すことまで
入っていたのだろうか。
だとしたら
大蔵卿局すごすぎ。
実際のところは,
もう触られるのもイヤ,
という淀殿の秀吉嫌悪の発言からして,
この大河の拾(秀頼)は秀吉の子で間違いないようだ。
 
 
その大蔵卿局だが,
演じている山村美智って
どこかで見た顔だと思ったら,
初代ひょうきんアナの山村美智子じゃん。

 
今週もまとまりを欠いたまま
最後に「功名が辻チェック」をどうぞ。
 

○今週の功名度→なし
  功名どころか山内家存亡の危機。
○今週の愛情度→☆☆☆
   一緒に秀吉や秀次を訪問する仲良し夫婦(秀吉には会えなかったが)。
  でも,六平太が登場すると微妙な波風が立つのは
  昔と変わりまへんな。
○今週の隠密度→☆☆☆☆
  登場シーンは少なかったが,
  千代・一豊との三角関係シーンが久々に見られたので4点。
○今週の太閤度→☆☆
  ”殺さぬ武将”の面影今いずこ。
○今週のお笑度→なし
  今週もなし。
 
 
次週は第38回「関白切腹」。

|

« イタリア式結婚式 | トップページ | 大河ドラマ「功名が辻」・第38回「関白切腹」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170425/11937186

この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマ「巧名が辻」・第37回「太閤対関白」:

» 功名が辻 第37回 [賃貸営業よもやまばなし]
本編 秀頼が生まれ、秀吉の秀次への風当たりがいっそう強くなった今週です。 輪をかけて前野景定らが唆したことで関係は修復できない状況になりました。もしもっと有能な家臣がいて配慮できればこんなことにはならなかったのになあと思いますね。一豊ら宿老の忠言も聞かず....... [続きを読む]

受信: 2006年9月19日 (火) 12時50分

» 仲間由紀恵と愉快な仲間たち [仲間由紀恵と愉快な仲間たち]
おもしろいおもしろい仲間由紀恵ちゃん、この感情は一体何? 演技が上手なところが特にいいんです。 もはやテレビ番組で仲間由紀恵を見ないのは不可能です。 今の仲間由紀恵ならある意味当たり前ですね。 仲間由紀恵のCMを見ています。 仲間由紀恵の魅力にくらくらっす 見ない理由がありませんよね。 欠かさず見るべし、仲間由紀恵を。 ... [続きを読む]

受信: 2006年10月 2日 (月) 18時47分

« イタリア式結婚式 | トップページ | 大河ドラマ「功名が辻」・第38回「関白切腹」 »