« 大河ドラマ「功名が辻」・第35回「北条攻め」 | トップページ | 大河ドラマ「功名が辻」・今後の予定 »

2006年9月10日 (日)

大河ドラマ「功名が辻」・第36回「豊臣の子」

冒頭,
東福寺での鶴松の葬儀の場で
秀吉は突如,髻を切る。
続いて
加藤清正,福島正則が髻を切ったため,
遅れを取るまいとばかりに
葬儀参加者たちは
「ワシも」「それがしも」と
次々と自分の髻を切断。
集団心理とは恐いものである。
 
成り行きを唖然として見ていた
一豊と中村一氏も最後に仕方なく
髻をバサッ。 
一氏がすぐに切らなかったのは
その冷静な性格によるのだろうが,
割と熱くなりやすいはずの一豊は
なんで躊躇してたんだろうかね?
  
 
葬儀後,
聚楽第(たぶん)に戻った秀吉は
切断された多数の髻を見て
「諸国大名の忠義の証じゃ。ハハハハッ!」と
高笑いした上で,
側で見ている寧々(北政所)に向かって
「大明国に討ち入る」と宣言。
「お前様,気でも狂われたか」という
寧々のセリフが示すとおり,
秀吉晩年の”狂気”の始まりである。
 
 
その頃,奥州攻めの最中だった家康は,
陣中で秀吉による諸大名宛の
「唐入り」のお触れを聞くが,
家臣たちの前で
「明国など誰が行くか」と一蹴。
これは格好良かったのだが,
続いての家臣たちとのやり取りの中で
家康の口から
聞き捨てならぬセリフが。
「さる関白さまは淀君に正気を抜かれたかの?」
 
あの~,東照大権現様,
「淀君(よどぎみ)」ってのは,
江戸時代に入ってから広められた蔑称のはずなんだけど(※)。
大河ドラマじゃ決して聞けない言葉だと
思っていただけにビックリ。
私の聞き間違いならいいのだが。
 
(※)江戸時代,夜鷹(街娼のこと)を指して,
   「夜君」と呼んだのをもじった呼称。
   茶々は実際には「淀殿」,「淀の方」と呼ばれていた。 


天正19年12月,
秀吉は奥州平定から戻った秀次に
関白を譲り,みずからは太閤となる。
秀吉は訓示のひとつとして
”女狂い”をしないように秀次に言い渡しているが,
そんな行状のシーンは全くないので,
ちょいと違和感がある。
過去大河と違って,
(例えば,
87年大河「独眼竜政宗」の秀次は,
奥州平定中に立ち寄った山形・最上家で
当主・最上義光に向かい
まだ10歳の娘・駒姫を差し出すよう強要している。)
今回の秀次は行状が良いからね。

 
 
秀吉が肥前・名護屋に行ってしまった後,
聚楽第の主となった秀次は
千代を呼び出して源氏物語を献上。
千代に魅惑された男がまた一人登場。
それにしても
千代を「千代殿」と呼ぶとは
腰の低い関白様である。
やっぱり今回の秀次は良い人なのだ。
 
 
  
少し時間が経過して
文禄2年1月のある日。  
縫い物をしている千代のところに
拾(養子になった拾い子)が
外にいる侍に託されたと言って
紙包みを持ってくる。
紙包みを開けた千代の目に入ったのは,
砕けた鉄砲玉の残り。
そう
これを託したのはあの男しかいない。
”千代に魅惑された男”第一号のあの男。

あわてて外に駆け出る千代。
待っていたのは六平太。
「10年ぶりだな」と言っているが,
実際のところ,ドラマ上で
六平太が千代に会うのは
第22回「光秀転落」(6月4日放送)以来,
3か月ぶりだ。
(登場シーンは第23回「本能寺」以来。)

六平太は千代に向かって
自分が海の向こうにいたこと,
「唐入り」が地獄の戦場になっていることを伝え,
「秀吉は負けるぞ」と断言。
そして
人間は嘘と実の間で生きていること,
これからの戦は目に見えない戦であること,
情に捉われては生き延びれないこと
を告げた上で,
千代の頬を手でなぞってから
去っていくのだった。
 
六平太,
千代への思いを断ち切れとらんのは明白。
ちと哀れ。
とはいえ,
人妻の顔にベタベタ触っていくのはどうかと思うが。
ちなみに
この時点で千代36歳,
六平太は四十七,八歳くらいのはず。
六平太,若いな~。
 
 
さて,ラスト近くになってから
淀殿の懐妊が判明。
それから間もなく男児(後の豊臣秀頼)が誕生。
一豊が帰宅してその事実を千代に報告し,
夕日を浴びながら夫婦2人で不安感に捉われたところで,
今週はエンド。
 
 
 
今週は六平太が見れて私的には大満足。
満足感に浸ったまま
「功名が辻チェック」にまいるとしよう。
 
○今週の功名度→なし
  奥州平定,「唐入り」とも一豊に出番なし。
○今週の愛情度→☆☆☆
   人の心をあれこれするのは得手ではない,
  という一豊に向かって
 得手不得手ではない,やらねばならない,
  と喝を入れる千代。
  机をバン!と叩いたのも愛情の証ということで。
○今週の隠密度→☆☆☆☆☆
  6月11日以来の六平太登場。
  千代との濃密(?)シーンも久々に見れた。
今週の太閤度→☆☆☆
  今週でようやく本当の「太閤」に。
○今週のお笑度→なし
  全然ないのは寂しいな,やはり。
 

 
次回は第37回「太閤対関白」
今週に引き続いて登場の六平太,
どんな活躍を見せてくれるかな?

|

« 大河ドラマ「功名が辻」・第35回「北条攻め」 | トップページ | 大河ドラマ「功名が辻」・今後の予定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170425/11847678

この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマ「功名が辻」・第36回「豊臣の子」 :

» 功名が辻〜北政所・浅野ゆう子の演技が凄かったです!! [一言居士!スペードのAの放埓手記]
大河ドラマ・功名が辻ですが、豊臣秀吉晩年編に突入し面白くなっております。柄本明の熱演もさることながら、今回は浅野ゆう子が凄かったです。 大政所(菅井きん)の最期を見取るシーンで、浅野ゆう子が秀吉の本心を打ち明けるのですが、あのシーンの緊迫感というか、浅野さんの妖艶な演技はとにかく凄かったし圧巻でした。(功名が辻、感想以下に続きます)... [続きを読む]

受信: 2006年9月11日 (月) 00時44分

» 功名が辻 第36回 と篤姫は宮崎あおい [賃貸営業よもやまばなし]
本編 今週はちょっと大奥チックなスタートでした。跡取りの鶴松が急逝し、秀次が関白になります。ここでも北の政所(寧々)と淀(茶々)のバトルが・・・。 そして秀吉は暴挙といえる朝鮮出兵を行います。 ここでの家康の動きは明らかにわざと遅らせて参加しなかったんで....... [続きを読む]

受信: 2006年9月11日 (月) 18時13分

» 「献上りんごのゆくえ」・・・・私は死ねない [りんご、ダイエットと通販]
「献上りんごのゆくえ」・・・・私は死ねない 「献上りんご」といえば、もちろん天皇家をはじめ、皇族方にお届けするりんごのことですよね。(献上りんごの箱詰め作業風景は陸奥新報WWW-NEWS http://www.mutusinpou.co.jp/news/05120104.html)を見てくださいね。) その皇室に、このたび親王が誕生しました。きっともうしばらくしたら、今年の献上りんごの果汁を召し上がるのではないでしょうか�... [続きを読む]

受信: 2006年9月12日 (火) 13時25分

« 大河ドラマ「功名が辻」・第35回「北条攻め」 | トップページ | 大河ドラマ「功名が辻」・今後の予定 »