« 大河ドラマ「功名が辻」・第34回「聚楽第行幸」 | トップページ | 大河ドラマ「功名が辻」・第35回「北条攻め」 »

2006年8月31日 (木)

漫画レビュー・高橋葉介の作品世界

ただいまマイブームなのが高橋葉介の作品群。
 
高橋葉介氏は
「夢幻紳士」シリーズや「学校怪談」で知られる
怪奇・幻想漫画家であるが,
今回はあえてファンの目にも
現時点では余り触れていないんじゃないかと思われる
雑誌「幽」(※)に掲載された作品を簡単にレビュー。
 
(※)念のため説明しておくと,
「幽」(メディアファクトリー刊)は
”日本初の怪談専門誌”と称して
平成16年7月から年2回のペースで
発行されている雑誌。
漫画誌ではなく,
むしろ京極夏彦のような人気作家が文章を寄せる
文芸誌のようなものであるが,
漫画作品も各号に数点掲載されている。
現時点で第5号までが刊行され,
創刊号から第5号までのすべてに
高橋葉介の単発作品を掲載。
なお,
その大きさ,厚さが
先行して刊行されていた
”世界で唯一の妖怪マガジン”「怪」(カドカワムック)と
そっくりなのは公然の秘密である。

 
(以下,作品内容に触れる場合あり。ねたばれ注意。)
 
○「陰陽」(「幽」vol.1掲載)
 道を歩いている少年が見知らぬ女性に屋敷の中に誘い込まれるが・・・。
 高橋葉介のお家芸といえる無言作品かつループ作品。
 
○「紅い蝶」(「幽」vol.2掲載)
 お座敷で”旦那”に「血の芸」を披露する芸人の少女。
 少女が気に入った”旦那”は・・・・
 内容と関係ないけど,
 芸人の少女の母親の顔が「夢幻紳士 逢魔篇」の女将とそっくり。
 同一人物と見ていいんだろうか。
  
○「ふらんそわ」(「幽」vol.3掲載)
 花の都(パリ?)に遊学した「僕」は美姫「ふらんそわ」と知り合う。
 やがて「僕」の子を身ごもった「ふらんそわ」と一緒に
 「僕」は船で帰国の途につくが・・・
 猟奇色の強い作品。
 作品の舞台は太平洋戦争直前から大戦中にかけての時代。
 
○「蛇女の絵」(「幽」vol.4掲載)
 絵の中で生きている蛇女を娘のように可愛がっていた「私」は,
 借金のある「あなた」にやむを得ず絵を貸すが・・・
 前回と変わってコメディ色の強い展開。
 
○「森を駆け抜けて」(「幽」vol.5掲載)
 白雪姫のスプラッタパロディ(?)。
 ストーリー展開が「陰陽」とちょっと似ているかも。
 
 
各作品の掲載頁数は余り多くなく,
しかも号を重ねるごとに
16頁→16頁→16頁→8頁→6頁
と最近2回は急減しているのが
ちょっと気にかかるところではあるが,
葉介ファンにとっては
目を通しておいて損はない作品たちといえよう。

|

« 大河ドラマ「功名が辻」・第34回「聚楽第行幸」 | トップページ | 大河ドラマ「功名が辻」・第35回「北条攻め」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170425/11708009

この記事へのトラックバック一覧です: 漫画レビュー・高橋葉介の作品世界:

« 大河ドラマ「功名が辻」・第34回「聚楽第行幸」 | トップページ | 大河ドラマ「功名が辻」・第35回「北条攻め」 »