« 大河ドラマ「功名が辻」・第32回「家康の花嫁」 | トップページ | 大河ドラマ「功名が辻」・第34回「聚楽第行幸」 »

2006年8月20日 (日)

大河ドラマ「功名が辻」・第33回「母の遺言」

今週のオープニング前の解説コーナーは
戦国の世における「兄と弟」がテーマだったが
秀吉と秀長を取り上げた際,
両者の間にハートマーク。
仲の良い兄弟の例として示したかったようだが,
ハートマークはちょっと違うんじゃないかい。
 
 
今回は本編の方も
「兄と弟」ネタを軸に展開。
ただしこちらは羽柴(豊臣)兄弟ではなくて
一豊と康豊兄弟の話である。
(というか,秀長は今週は本編に出てこないし。)
 
冒頭,
なぜかイラつく一豊を不思議がる千代に向かって
兄上は九州攻めに参加できなかったことが不満なのです,
と解説する康豊。
さらに康豊は
戦場での活躍ではなく
秀次様の八幡城下の街づくりに精を出すように
一豊に勧めるが
一豊はお主の指図は受けぬわ,と拒絶。
 
このシーンだけ見ると
康豊の主張に分がありそうだが,
実際の秀吉の九州平定作戦は
康豊が言っていたような「赤子の手をひねる」ようなものではなく,
戸次川の戦いで
豊臣軍(ただし,この時は外様中心)が島津軍に敗北するなど
当初はスムーズに進まなかったために
やむを得ず秀吉の弟・秀長や秀吉自身が出陣したという経緯がある。
特に秀長軍は最終的に勝利したとはいえ,
危うい場面などもあったようで,
そうした話を伝え聞いていたであろう一豊が従軍を望むのは
無理からぬところじゃなかろうか。
仮に秀次が大将として出陣して
宿老・一豊が活躍することができたとすれば,
長久手の戦いにおける
秀次の汚名をそそぐことにもなるわけだし。



さて, 
一豊と康豊の対立に頭を悩ませた千代は
新右衛門の発案で
法秀尼の庵に相談に出かけるが
そこで待っていたのは
死の床につく法秀尼だった。
 
侍女の話によると,
一豊・康豊の2人のために
雨の中をお百度参りをして風邪をこじらせたらしい。
侍女の話の途中で
法秀尼が雨をかぶりながら御参りをするシーンが
登場。
このごく短いシーンのために
実際に雨水をかぶった(←たぶん)佐久間良子の演技には
鬼気迫るものがあって素晴らしい。
 
その日の夕刻,
もう今宵は越せないだろうからと
千代に遺言伝達を頼む法秀尼。

晩になって駆けつけた
一豊,康豊,新右衛門が見たのは
既に息を引き取った法秀尼の姿。
兄弟2人に千代が口頭で伝えた
法秀尼最後のメッセージは
「お互いの異なる性分を尊びなされよ」というもの。
これを聞いた一豊と康豊は
互いに自分の不徳を詫びて謝罪。
ちょっとベタすぎる展開かな,
と思わないでもないが,
なかなかいいシーンである。
 
法秀尼@佐久間良子の「功名が辻」での登場は
これで終了。
こうして退場する重要人物が次第次第に増えていき,
最終回に段々と近づいていくわけやね。

 
 
主軸以外の話をいくつか。

今回は秀次が一豊たち宿老に向かって
自分の居城・近江八幡城の城下の街作りを熱く語るシーンがあった。
過去大河の秀次は
「殺生関白」の悪名そのままというキャラクターで
描かれることが多かったが,
今回は違った形になるのだろうか。
なお,秀次が
琵琶湖との湖上交通の要衝になる堀(八幡堀)を建設したり,
楽市楽座を置いたりするなどして
城下を商業都市として発展させようとしたのは史実のようだ。

 
それから,
秀吉が遂に茶々を手に入れることに成功。
それにしても
茶々(@永作博美)が
何だかえらく恐い人物として演出されている。
自分のことを「我」と言っているし,
秀吉の側室になることについて三成に向かって
「そなたは良いのじゃな?」「良いのじゃな?」・・・と
都合5回も「良いのじゃな?」を連発しているし,
あげくに「嘘をつけ!」とか言ってるし。

 
 
いつも以上に話にまとまりがないまま,
最後に「功名が辻」チェックをどうぞ。
 
○今週の功名度→ゼロ
  九州平定作戦に参加できず,
  八幡城下建設のための意見も思い浮かばず。
○今週の愛情度→☆☆☆☆☆
   度重なる苦難を乗り越えて。
○今週の隠密度→ゼロ
  この項目のチェック,
  意味があるのか疑問になってきた。
○今週の太閤度→☆☆☆
  九州平定を完了。残るは関東の北条氏。
○今週のお笑度→☆
  新右衛門の耳が遠いネタだけ。 
 
 

次回は

第34回「聚楽第行幸」。
枡を裏返してまな板代わり,へそくり馬に続く
3つ目の「内助の功」ネタが登場。

|

« 大河ドラマ「功名が辻」・第32回「家康の花嫁」 | トップページ | 大河ドラマ「功名が辻」・第34回「聚楽第行幸」 »

コメント

はじめまして。度数評価はユニークですね。笑わせていただきました。

投稿: ヤス | 2006年8月21日 (月) 00時10分

>>ヤス様

当ブログにようこそ。
「功名が辻」チェックによる度数評価,
今後も続けて生きますので
ご笑覧いただければ幸いです。

投稿: かわうそ | 2006年8月21日 (月) 19時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170425/11533137

この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマ「功名が辻」・第33回「母の遺言」 :

» 功名が辻 33回 [賃貸営業よもやまばなし]
主役の一豊が留守だったので、あっけなく秀吉に九州が制圧された今回。話は法秀院(母)の死と兄弟喧嘩。 私も兄とは昔は馬が会わなかったから男兄弟なんてそんなものだろうと思えるような一豊と康豊(玉木宏)の喧嘩。 結局、法秀院の遺言、『山内家が間違った道を歩まぬ....... [続きを読む]

受信: 2006年8月21日 (月) 00時10分

» 功名が辻8月20日「母の遺言」 [功名が辻 山内一豊・千代ゆかりの地を訪ねて]
今回の主役は、一豊の母:法秀尼と茶々でした。 法秀尼「一豊、康豊、お互いの異なる性分を尊び、互いに学び合いなされ」     と言って母は、死んでいった。〔1586(天正14)年〕 法秀尼が住んでいた長野家 茶々 「三成、サルがこんな歌をよこした」 三成 「上様の想い人になられませ、それが茶々さまのご栄達の道でございます」 茶々 「三成、本当にそれでいいのか」 茶々の想いは三成にあった。しかし、その気持ちが分かっているが動じない三成。 そして、秀吉が茶々の寝所に入った。... [続きを読む]

受信: 2006年8月21日 (月) 12時09分

« 大河ドラマ「功名が辻」・第32回「家康の花嫁」 | トップページ | 大河ドラマ「功名が辻」・第34回「聚楽第行幸」 »