« 大河ドラマ「功名が辻」・第26回「功名の旗」 | トップページ | 大河ドラマ「功名が辻」・第27回「落城の母子」 »

2006年7月 9日 (日)

奥多摩の御岳山・大岳山に登るの巻

週末の土曜日・東京・奥多摩にある
御岳山(みたけやま)・大岳山に登ってきた。
 
朝7時前に家を出発し,
電車を乗り継いで最後は青梅線・御嶽(みたけ)駅で下車。
(なお,
山の名は「御岳山」だが,駅名は「御嶽」である。
ややこしいが,
駅名の方は御岳山上の「御嶽神社」にちなむのかも。) 

そこからバスに乗って10分程で
御岳山のケーブルカー(御岳登山鉄道)・「滝本駅」に到着。
ケーブルカーに乗って山腹の「御岳山駅」に向かう。
 
F1000275F1000276_3 
 
 
 
 
 
 
「御岳山駅」の段階で既に標高831メートル。
かなり涼しく感じる。
 
まずは御嶽神社に向かうこととする。
 
駅から御嶽神社に向かう途中には
数軒の土産屋・食事処があったが,
まだ9時30分くらいなので,
自分が見た限り,どこも準備中だった。
朝食をとらずに家から出発したので,
開いているお店があれば簡単な食事をとりたかったのだが,
あきらめてそのまま御嶽神社へ。
 
↓こちらが御嶽神社。本社拝殿前の狛犬は狼である。
F1000282F1000284
 
 
 
 
 
御岳山の山頂(標高929メートル)はこの御嶽神社ということのようだ。
 
 

御嶽神社の後は大岳山を目指しての登山開始。
 
御嶽神社を出発したのは10時ちょうど。
 
最初は
比較的緩やかな道が続く。
 
途中,「天狗の腰掛け杉」があった。
高尾山にも同名称の杉があったような気が。
F1000287F1000288
 
 
 
 
 

芥場峠という場所を過ぎ,
大岳山に近づくに連れて
上り坂がきつくなり,息が上がるようになる。
道の方も単なる上り坂だけでなく,
鎖のある岩場や
鉄製梯子を渡るところが出てくるようになった。

F1000297 F1000292_1

 
 
 
 
途中,
何度も戻ろうという誘惑にかられつつも,
なんとか登りつづけて,
ようやく11時45分頃に山頂への入り口に当たる
山小屋付近に到達。
 
比較的涼しいはずなのだが,
汗がひどい。
登山開始後から山小屋付近に来るまでの間に
500mlペットボトルを既に2本半を消費している。
 
もはや写真を撮る気力もなかったが,
ベンチで少し休憩を取って,
山頂までラストスパート。
 
12時15分,ついに山頂に到着。
F1000294_1
 
 
 
 
 
大岳山の山頂は標高1266メートル。
さすがに風が涼しい。
狭い山頂は
20人ほどの先客でいっぱいだった。
本来ならば
富士山を初めとする美しい遠景が見えるはずなのだが,
本日はガスで真っ白。
残念だが,梅雨時だから仕方がないところか。
 
山頂で10分程休憩してから下山開始。
登ってきた道を今度は逆ルートに辿って下り始める。

下山時は
体のエンジンがかかっている上に
体力消耗が少ないので快調だった。
登りでは感じる余裕がなかった
標高1000メートルの空気の涼しさを
味わうこともできた。 
 

途中で行きでは飛ばした
見晴らしの良い「長尾平」にも寄ってみる。 
F1000302
 

 
 
 
 
14時過ぎに土産屋のある通りまで戻る。 
下山時には(当然ながら)土産屋・食事処は
開店していた。
「鹿カレー」なるメニューを掲げる店を発見。
くまさんに教えてあげないと。 
F1000306

  
  
 
 
 
14時30分,ケーブルカー「御岳山」駅に到着。
無事に登山終了。
やった!1000メートル級の大岳山に登山できたぞ!
とここでようやく達成感を味わう。
ま,大岳山登山のルートとしては,
一番楽なコースを選んだわけではあるが,
それでも
御嶽神社→大岳山山頂→ケーブルカー御岳山駅で約4時間半。
いい運動になった。
 
この後,遅いブランチをとるために
御岳山駅から御岳山展望台の食堂にリフトに乗って向かう。
F1000309
 
 
 
 
 
 
何だか足が地面に付きそうなリフトである。
 
 
展望台の食堂では「山菜御前」なるものを注文。
 
F1000308
  
 
 
 
 
今日,初めての食事で
しかも激しい運動後ということもあり,
ものの数分でたいらげた。
 
この後,再びリフトで御岳山駅に戻り,
ケーブルカーで下山。
更にバスに乗って
行きとは反対ルートで
青梅線・御嶽駅に到着。
土日限定のホリデー快速「おくたま」(新宿直通)で帰途に着いた。

|

« 大河ドラマ「功名が辻」・第26回「功名の旗」 | トップページ | 大河ドラマ「功名が辻」・第27回「落城の母子」 »

コメント

山登りお疲れさまです。

鹿カレー!

無論鹿の肉が入っているのでしょうね。

いったいどんな味がするのでしょうか。

投稿: くま | 2006年7月10日 (月) 00時18分

>>くま様
「奥多摩産日本鹿を使用しております」と付記されてるところからすると,地元の狩猟で捕獲された鹿のお肉が入ってるんでしょうか。興味津々ですね。

投稿: かわうそ | 2006年7月10日 (月) 21時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170425/10854494

この記事へのトラックバック一覧です: 奥多摩の御岳山・大岳山に登るの巻:

« 大河ドラマ「功名が辻」・第26回「功名の旗」 | トップページ | 大河ドラマ「功名が辻」・第27回「落城の母子」 »