« 大河ドラマ「功名が辻」第22回「光秀転落」 | トップページ | Windows Vista ベータ2 »

2006年6月12日 (月)

大河ドラマ「功名が辻」・第23回「本能寺」

今週のメインは「本能寺の変」。
 
 
まずは信長様。
 
過去大河の信長は
たとえ被弾しても相当余力を残ったまま自害することが多かったが,
今回は鉄砲玉2発を受けてグッタリし,
家臣に抱えられて奥に下がる。
自害の際には
しゃっくりのような苦しい息をしつつ
短刀を力なく首筋にあてて,どうにか頚動脈を切断,という感じ。
最後までどこか元気がないのは
いかにも舘信長らしいといえようか。
ただ,ラストに関しては,
妙に格好をつける過去大河の本能寺の変よりも
今回の「功名が辻」の自害シーンの方が
ずっとリアルで好感が持てる気がする。
 
以前のレビューでちょっと触れた
信長の「狂気」の演技性については,
結局,よく分からないまま終わってしまったけど,
光秀の謀反を聞いてワザとらしく狂笑してみせた辺りの様子から推測すると
「狂気」はやはり演技だった,という結論を導き出せるような気も。
 
 

 
お次は帰蝶こと濃姫@和久井映見について。
 
今回の濃姫は本能寺で信長とともに戦う。
鉄砲玉に当たって絶命するまで
寄せ来る明智軍の兵たちを次々となぎ倒すという大活躍。
(バトルする濃姫を見ていて,
かつて「花のあすか組!」(88年,フジ)で
和久井映見が十人衆・風林火山の「火」というキャラを
やっていたのを思い出してしまった。
若い人には何のことだか分かるまい。)
逆に言うと,
鎧装束も付けていない濃姫の刃にかかって
ばたばたと倒される明智軍の兵たち,弱すぎる。
これじゃ山崎の戦いでの明智軍敗北は決定的。 

ところで,
昭和期の大河ドラマには
濃姫が本能寺で死ぬケースがあるが(83年「徳川家康」など),
平成時代に入ってからは
濃姫が本能寺の変以降も生きていたり(92年「信長 KING OF GIPANGU」など),
濃姫が出てこなかったり(95年「秀吉」など)するなど,
本能寺では死なないパターンが普通になったみたいである。
 
実のところ,史実の濃姫には謎が多いようだ。
斎藤道三の娘(名は不詳)が信長と婚約をしたのは確からしいが,
信長の同時代文書には
この女性の以降の消息を伝えるものはほとんどないらしい。
このため,
濃姫は離縁されたとか,そもそも輿入れしていない,という見方もある。
 
また,
信長の死後,
次男・信雄から六百貫文の知行が与えられた女性「安土殿」がいること,
京都市大徳寺総見院の織田家廟所に
慶長17年(1612年,本能寺の変の30年後)に亡くなったとされる
「信長公御台」の墓所があることから,
この「安土殿」「信長公御台」が濃姫であり,
本能寺の変の後も長く生きていたという意見もあるそうだ。
このネタは
「信長 KING OF GIPANGU」のエンディング後の解説コーナーで
たしか「生きていた!?濃姫」というタイトルで
紹介されていたように記憶している。
 
本能寺で死なない(あるいは最初から登場しない)
多くの平成大河の濃姫は
こうした見方を受けてのことだろう。
今回の「功名が辻」の濃姫の死は
この平成パターンから外れて昭和型に先祖がえりしたわけだけど, 
そもそも
実像が明らかでない女性だから
これはこれで演出としてOKだと思う。
 
 
 
「安土殿」と聞いてついでに思い出したが,
今回の「功名が辻」では
故・竹中半兵衛だけ
なぜか途中から信長を指して「安土殿」と言ってたな。
この演出意図はなんだったのかしらん。
 
 
 
さて,
我らが一豊様は
今回,午後8時半頃になってようやく登場(地上波の話ね)。
備中での陣中の夜,吉兵衛と馬鹿話をしている時に,
毛利軍の陣と勘違いして入り込んできた光秀の使者を発見して捕らえ,
信長の死を知らせる安国寺恵瓊(毛利側の武将)宛ての書状の入手に成功。
おおっ,一豊様,超大手柄じゃん,
と思いながら視聴していたら,
一豊が秀吉に問題の書状を見せた直後に
細川藤孝からの本能寺の変を知らせる使者が到着。
これじゃ
一豊が使者を捕らえた意味が半減しちゃうがな。
毛利側に知られなかったという点では功があるけど。

黒田官兵衛が秀吉に「これは好機ですぞ」とささやくという
お約束のエピソードがしっかり入っていたはうれしかった。
ただ,官兵衛役の役者さん,カツゼツがちょっと悪いね。
それにしても
「功名が辻」レビューでは
セリフが聞き取りづらいネタばっかりやっている気がするな~。
 
 
  
最後に今週の「功名が辻」チェック。
 
○今週の功名度→☆☆
  一豊の捕らえた密使により本能寺の変の発生を知る秀吉。
  しかし,すぐ後に細川藤孝から変を知らせる使者が到着して
  一豊の功のインパクト激減。
○今週の愛情度→☆☆☆
  旦那様とテレパシーで話せるらしい。
○今週の隠密度→☆
  六平太の出番,一瞬だけじゃん。
○今週の信長度→☆☆☆☆☆
  先週に引き続いて結構まともな信長様。
  だけど,ラスト出演なので5点。
○今週のお笑度→☆
  千代の「お腹が空きました~」くらいか。
  お腹が空いたというわりには
  おにぎりを一口しか食べない仲間由紀恵。
  以前のお腹が空いて倒れたという回の時にも
  出された食事に実際は全然手をつけていなかったけど,
  食が細いのかな?
 

 

 

次回は第24回「蝶の夢」
なんとも幻想的なサブタイトルだけど,
荘子の「胡蝶の夢」が元ネタだべか。

|

« 大河ドラマ「功名が辻」第22回「光秀転落」 | トップページ | Windows Vista ベータ2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170425/10499117

この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマ「功名が辻」・第23回「本能寺」:

« 大河ドラマ「功名が辻」第22回「光秀転落」 | トップページ | Windows Vista ベータ2 »