« 累塚(かさねづか)に詣でるの巻 | トップページ | 大河ドラマ「功名が辻」・第23回「本能寺」 »

2006年6月 4日 (日)

大河ドラマ「功名が辻」第22回「光秀転落」

今週のテーマは「折檻」である。
 
最初の折檻は,
武田滅亡後の信長と家臣たちとの会合シーン。
”皆様方が骨を折ったから”という光秀のセリフに対して
信長は「骨を折ったのはワシじゃ!」と因縁をつけて
足蹴りの上に扇子で頭打ち。
しかし,
なぜか足蹴りの際の足も,扇子で打たれる直前の頭も
ストップモーション。
本当に蹴ったり打ったりしていないんでは?
かつての大河「国盗り物語」では
光秀@近藤正臣に対する激しい折檻が話題になったそうだが,
今回の光秀@坂東三津五郎(十代目)は信長@舘ひろしからみると
蹴ったり打ったりするには大物すぎるのかな~。
そういや,
今回の折檻場面には,
その近藤正臣が細川藤孝役で出ているけど,
何となく気まずそうな顔をしている気がした(←そりゃ,そういう演技の場面だからだ)。
 
 
さて,
備中・高松城の水攻めで暇になった秀吉は,
一生懸命戦っている振りをするため信長に対して援軍を要請することに。
秀吉の使者として安土に赴いた一豊は
信長の気まぐれで光秀による家康接待の場に立ち会うことになった。
その接待の場で
信長は家康に出された魚が腐っていることに激怒し,
光秀をまたまた大叱責。

この話,
平成8年の大河「秀吉」のときには
琵琶湖畔の名物・鮒ずしを料理に出したところ,
その強烈なにおいのために腐っていると勘違いされた,
という一捻りした展開であったが,
今回はマジで腐っていたらしい(なんか,見た目は新鮮そうだったけど)。
そりゃ信長様は激怒するわな。
そして,
信長様は,
怒りの感情をおさえられないまま,
光秀に対し
中国への援軍派遣と現領地である近江・丹波の召し上げを宣告。
一豊はただただ驚いて見ているしかない。
 
この理不尽な命令に絶望した光秀は
それまでの経緯もあって信長を討とうと考え始める・・・
というところなんだが,
このエピソードについては
論理的におかしい,史実とは思えないという指摘が多いようだ。
つまるところ,
信長配下の武将たちが出陣を命じられた場合,
兵糧などは自分の領地で調達しなければならないのに,
今回の信長の命令のように,
出陣時点で現在の領地を取り上げられてしまうと,
光秀は兵糧調達もできず(当然,兵も集められないだろう),
少数の直臣だけを連れて着の身着のまま中国に赴く羽目になってしまう。
そして
まともな援軍が派遣されないことで
最終的に困るのは信長自身のはずであり,
そんなおかしな命令が出されるはずがないというわけである。
 
ま,「功名が辻」の信長に関しては,
狂気に走った結果,こういう無茶苦茶な命令を出してしまったんだ,
と好意的に理解できなくもない(かなり強引な解釈だけど)。
 
でも兵が集められない光秀は
本能寺の変も起こせないはずなんだよな~。
どうせ少数の家臣しかいないんだったら,
いっそのこと

・光秀,家康の饗応に失敗
→信長の命で光秀切腹
→光秀の重臣たち50人前後が本能寺に討ち入り
→信長の御首をあげて本懐を遂げる

という忠臣蔵みたいな展開したらどうだろうか?
忠臣蔵と同じく饗応の失敗が発端だし,
光秀の第一の重臣・斎藤利三って通り名が「内蔵助」だし,
ちょうどいいなりよ(←いーわけねーだろ!)
 
 

では,最後に今週の功名が辻チェックを。
 
○今週の功名度→☆☆☆☆
  一豊,敵方武将の槍の矢じりを素手でもぎ取る。
  ちなみにこのエピソードは史実。
○今週の愛情度→☆☆☆
  旦那様に文をせっせと出す千代。
○今週の隠密度→☆☆☆☆
  光秀に謀反をそそのかす六平太。どうみても一豊より大物だべ。
○今週の信長度→☆☆☆
  光秀を優しく(?)折檻したり,妙に濃姫に優しかったりしたので,3点どまり。
○今週のお笑度→☆☆☆☆☆
  一豊の矢じりのエピソードを
  秀吉・秀長・官兵衛・長康・小六たちの実況中継だけで演出。
  久しぶりに笑わせてもらった。
 
 
 

次回は第23回「本能寺」。
たぶんサブタイトルそのまんまの展開だと思う。

|

« 累塚(かさねづか)に詣でるの巻 | トップページ | 大河ドラマ「功名が辻」・第23回「本能寺」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170425/10392696

この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマ「功名が辻」第22回「光秀転落」:

« 累塚(かさねづか)に詣でるの巻 | トップページ | 大河ドラマ「功名が辻」・第23回「本能寺」 »