« 「功名が辻」第19回「天魔信長」 | トップページ | 将門公の首塚を訪問するの巻 »

2006年5月20日 (土)

お岩様のお墓に行って雨に祟られるの巻

今日は四谷怪談で有名なお岩様の墓碑を見に行った。

場所は東京都豊島区西巣鴨にある妙行寺。
都電荒川線に乗って最寄の「新庚申塚」駅に向かう。
F1000122F1000125   

 

 

 

昼に家を出た時には晴れていた空が
荒川線に乗ってしばらくすると
怪しげな雲行きになってきた。
不安を感じつつ
「新庚申塚」駅で下車。
目的の妙行寺を目指して歩く。
 
途中,あちこちに
「お岩どおり商店会」の看板あり。
F1000120  

 

 

 
駅を出てから10分弱で妙行寺に到着。
 
もし外部者お断りだったらどうしようか,
と思っていたのだが,
簡単に中に入れた。
私以外にもお岩様の墓碑目当てらしい観光客が
何人もいた。
 
早速,お岩様の墓碑をさがす。
 
すぐに見つかった。
 
まずは説明板。
 
F1000119F1000118  

 

 

 

説明版の前を通ってその後ろ側に回ったところに
お岩様の墓碑がある。 
 
F1000116F1000117
 

 

 

お岩様のお墓に向けて
携帯のカメラのシャッターを押した途端に
雨が降り出してきた。
お墓の側には
お岩を演じた役者が奉納した石碑もあるのだが,
雨はあっという間に激しくなり,
カメラに撮影する時間もないまま
お堂の下に逃げ込んで雨宿り。

F1000114  

 

 

 
たくさんいたはずの他の見学者の姿も
見えなくなってしまい,
いささか不気味な雰囲気に。 

結局,
1時間半もお堂の屋根の下で待つことになった。
 
雨がようやく少し小降りとなったのを見計らって
荒川線「西ヶ原四丁目」駅までダッシュ。
(距離的には「新庚申塚」駅までとほぼ同じ。)
 
F1000113

 
 
  
 

なお,
このお寺はかつて四谷にあったそうで,
後に現在の場所に移転してきたとのこと。
お岩様のお墓もこちらに改葬されたそうだが,
墓石の下には鏡の残骸などがあるだけだったという。

 
ところで,
こことは別に新宿区の四谷左門町には
「於岩稲荷田宮神社」がある。
ここは元々は田宮家(お岩様の家)の屋敷があった場所で,
宮司さんは他ならぬ田宮家の当主だそうだ。
いずれこちらも当ブログで御紹介したい。
(でもその前に祐天寺の「累塚」を訪問しないといけない気もする。) 

(追加)
怪を語れば怪いたる,とよく言いますが,
やっぱりというか,
家に帰ってからちょっとだけ「怪」っぽいことが。
本当に些細なものでしたけど。
それは・・・おしえてあげない(笑)。

|

« 「功名が辻」第19回「天魔信長」 | トップページ | 将門公の首塚を訪問するの巻 »

コメント

夜中に読んでいるとさすがに怖かったです。
写真の中に何か見えるんじゃないか・・・とか
考えちゃったりして。
カエルの行列は,けろりーんちゃんに教えてあげようっと。

投稿: びる子 | 2006年5月24日 (水) 01時18分

>>びる子様
付け加えると
私が雨宿りしたお堂では
毎晩怪異があるそうです。
(鼠が現われて
供え物の菓子・果物は無視して
菊の花だけを食い散らかし
田宮家の位牌を倒して去っていくそうな。)
昼間とはいえ
雨音だけの静けさの中で
雨宿りしながら,
人の声が飛び交う環境のありがたさを
思い知らされました。

投稿: かわうそ | 2006年5月24日 (水) 21時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170425/10157495

この記事へのトラックバック一覧です: お岩様のお墓に行って雨に祟られるの巻:

« 「功名が辻」第19回「天魔信長」 | トップページ | 将門公の首塚を訪問するの巻 »