« こどもののみもの | トップページ | 心霊写真 »

2006年5月 6日 (土)

山姫の神隠し

老いた元猟師より再び聴き取る。

雪女か?
雪女には会ったことがないし,
会ったという奴にも会ったことがないな。
ありゃ,昔話とか民話の中の話だろう。
そもそもこの辺りじゃ雪が積もっている間は
山には登らないしな。

山姫ならば知っているぞ。
そう,山姥ではなくて山姫だ。
秋の山の中で
茸狩りをしていた時にな,
夕方になって暗くなったんで帰ろうとしたら,
急に目の前に
年の頃,十四,五ばかりの
髪の長い小娘が現れたんだ。
十二単を着ていてな。

これは魔物だと思って
腹の中で三峯様(註:狼を祀った神社)
の御加護を念じたら
しばらくして姿を消した。

疲労のあまり,
幻覚を見たんじゃないか,だと?
ハハハ,確かにそうかもしれん。

だがな,山姫と言えばこんな話もある。

俺がまだ16歳,
勢子になって二年目の時のことだ。
秋の山に猟に入った。
その時の猟マキ(猟の参加者)は10人で,
そのうち猟銃を持った射手が6人,
勢子が俺も入れて4人いた。

先輩の勢子の中に
ちょっとぼおっとした男がいてな,
もう20歳を過ぎていて
普通ならば射手になってもおかしくないんだが,
何年もずっと勢子のままだった。

そのシーズンの
山に入って初日のことだったと思う。
その日は熊も猪も見つからず,
日が暮れてきたので
山小屋に引き上げることになった。

マキ頭(猟のリーダー)が
引き上げの集合の笛を鳴らしたんで
俺も仲間達も急いで
マキ頭のところに集まったんだが,
例の先輩勢子は他の者よりも
何分か遅れてトボトボと戻ってきた。

何か訳がありそうなので,
帰り道を歩きながら
マキ頭が問いただすと,
先輩勢子は「山姫を見た。」という。
十二単を身にまとった
15歳ばかりの小娘がいたというんだな。

周りで話を聞いていた仲間のうち,
俺みたいな若い勢子は怖がったが,
二,三十代の射手たちは
詰まらないことをいうな,と罵った。
遅れた言い訳だろう,というんだな。
マキ頭は黙って何も言わなかった。

山小屋に戻ってからの食事の用意は
勢子がやることになっている。
山小屋に戻った後,
休む間もなく
俺と先輩勢子は
水をくむために桶を持って沢まで降りていった。

沢できれいな水をくめる場所は限られている。
しかも
その日の川の水の量で変わってしまう。

いい水くみ場所を見つけて
桶に水を入れた時には
先輩勢子の姿は近くに見えなくなっていた。
仕方なく
山小屋に通じる山道の入り口で
先輩勢子を待っていると,
10分程して森の中から先輩勢子が姿を現した。
顔色が悪い。

俺がどうしたのかと聞くと
先輩勢子は「森の中で障子を見た」という。
障子が捨ててあったのか,と再度聞いたら
そうではなくて
真新しい障子が立っていたんだ,という。
家も屋敷もないのに
障子だけが立っていて,
障子の向こうに誰かがいるみたいに
衣擦れの音がした,
それで怖くて逃げてきたんだ,
というんだな。

そう,
そもそも水くみ場所を探していたはずなのに
なぜ森の中に行ったのか,
要領を得ない話だろ。

だが
俺は先輩勢子に問いただそうとはしなかった。
早く水を持ち帰らないと
射手たちに怒られるってこともあるが,
何より先輩勢子の妙な話を聞いたせいで
心細くなっちまって,
一刻も早く小屋に戻りたかったんだな。

先輩勢子に自分の見つけた水くみ場所を教えて
水をくんでもらうと
俺たちは飛ぶようにして小屋に帰った。

小屋に戻って食事の時間になっても
俺も先輩勢子も,その障子の話はしなかった。
夕方,猟から引き上げる時に
山姫の話をして射手たちから怒られたことが
頭にあったんで,
妙な話を持ち出す気持ちにならなかったんだな。
先輩勢子も同じ気持ちだったと思う。

翌日は雲行きが怪しかったんで,
山小屋の近くで小物を狙うことになった。
小物ってのは野ウサギとかだ。
畑から大根を抜くみたいに簡単に取れるもんで
忌み言葉で”ダイコン”などともいう。

昼飯は弁当を持たずに
小屋に戻って取ることになり,
勢子の一人が小屋に残って
昼飯の用意をしておくことになった。
マキ頭は
例の先輩勢子に小屋に残るように命じた。
昨日から元気がないので
気を遣ったのかもしれん。

外に出た俺たちは
午前中の間,
ずっと獲物を探し続けたが,
よほどゲンが悪いのか,
前日に続いて獲物は全くいなかった。

昼時になったので
山小屋に戻ってみると,
先輩勢子の姿が見あたらない。

昼飯の用意の方はちゃんと出来ていて,
あとは盛りつけるばかりという状態だ。
小屋で食事をする時には
全員が揃って食べるのが習わしなので,
ぶつぶつ文句を言う射手たちと一緒に
先輩勢子が戻るのを待ったが,
10分たっても20分たっても
姿を現さない。

たまりかねた射手の一人が
奴を探してくる,
と立ち上がり,
他の射手や俺たち勢子達も
山小屋の近くにいないかどうかを確かめに
外に出ていった。

それから1時間ばかりして
探しに出ていた皆が小屋に戻ってきたが,
だれも先輩勢子を見つけられなかった。

どうも尋常じゃないな,と
皆の間に不安の色が出てきた頃に,
俺はようやく
昨夜言い出せなかった
森の中の障子の話をした。

障子の話を聞いたマキ頭は,
「分かった。」と言うと,
俺以外の残った勢子2名に対して
これから村に行って先輩勢子が戻っていないか確認して
明日の午前中に連絡に戻ってくることを,
射手たちに対しては
山の中の考えられる場所を探すことを
それぞれ命じた。

俺とマキ頭以外の者が小屋から出ていった後,
マキ頭は
昨日,俺が沢で先輩勢子から話を聞いた場所まで
案内するように言った。

俺とマキ頭は
昨日の場所まで来ると
先輩勢子が出てきた方向に向かって
森の中に入った。
四,五十歩も行ったところで,
きれいに履き揃えて置いてある藁草履を
マキ頭が見つけた。

これがいなくなった先輩勢子の草履ならば
まだ近くにいるかもしれない。
俺とマキ頭は
それから2時間余りもその付近を探した。
しかし
先輩勢子の姿はおろか,
草履以外の手掛かりも何も出てこなかった。
やがて日が暮れたので
俺とマキ頭は仕方なく
見つけた草履を持って小屋に戻った。

俺たちが小屋に入ると
先に探しに出ていた射手たちは
もう皆戻っていたが,
先輩勢子を見つけた者は誰もいない。

翌日,日が高くなってから
村に行った勢子の1人が
先輩勢子の弟と叔父を連れて
小屋に戻ってきた。
やはり村にも戻っていないという。

先輩勢子の叔父と15歳になる弟は
いつも別の猟マキで仕事をしているんだが,
話を聞いて驚き
一緒について来たんだ。
村に行った勢子のもう1人は
村長さんに詳しい説明するために
村に残ったということだった。

その日は
昨日草履を見つけた場所から
捜索範囲を広げて行く方法で探したんだが,
見つからなかった。

その翌日には
村から更に応援が来たんで
今度は手広く山全体を探したが,
先輩勢子の姿はどこにも見あたらなかった。
村の方でも
女達や年寄りが近隣の村まで
聞いて回ったんだが,何の手掛かりもなかった。

結局,
いなくなった日から
7日の間探した上で,
捜索は打ち切られた。

それきり,
先輩勢子は姿を消してしまった。
手掛かりもマキ頭が見つけた草履だけだった。
先輩勢子の家族は
いなくなってから1年後に
その草履を先輩勢子に見立てて葬式を出した。

先輩勢子が見たという
山姫と障子の話を聞いた村人達は
神隠しだ,山姫に見込まれたんだと
噂しあった。
 
俺は思った。
昼飯のために水をくみに行った先輩勢子は
また障子を見つけて
今度は開けてしまったのかもしれない。
そして
中にいた「誰か」に招かれて
そのまま障子の向こうの世界に
行ってしまったのかもしれない。

話はこれだけだ。

ただな,
いなくなった先輩勢子と関わりがあるかどうか,
もうひとつ妙なことがあった。

先輩勢子がいなくなったシーズンの次の
春のシーズンの猟が始まる直前,
俺は準備のために
マキ頭と二人だけで先に山小屋に入ったんだけど,
小屋に入ってみたら
水桶に水がいっぱい
くまれてあったんだ。

秋の猟が終わって小屋をしめる時に
水桶は空にして蓋をしたはずだったんだが。

マキ頭にその話をしたら,
マキ頭は
水桶の近くにつり下げられている
柄杓を手に取った。
柄杓からは滴がしたたった。
まるで
ついさっき使われたばかりのようにな。

え,山姫は怖いだと?
俺が山姫を見た話をした時には
幻覚だとか言っていたのに
いい加減な奴だな,ハハハ。

|

« こどもののみもの | トップページ | 心霊写真 »

コメント

はじめまして。甲斐ミサキと申します。
自サイト《ミナソコノ住人》にて、『ココログで読める小説群』と題し、ココログ内で発表されている小説の蒐集と紹介を行っております。このたび貴サイトへのサイト、小説へのリンクをお願いしたいと思うのですが、掲載許可願えると幸いに存じます。

それでは失礼しました。

投稿: 甲斐ミサキ | 2006年8月 1日 (火) 18時19分

>>甲斐ミサキ様

当ブログにようこそ。

お返事が遅くなって申し訳ありません。

公開のブログに掲載したものですので
リンクしていただいて差し支えありません。

投稿: かわうそ | 2006年8月 3日 (木) 23時17分

かわうそさま、
早速、小説を登録させていただきました。
今後とも宜しくお願いいたします。

元猟師より聴き取った山の怪異、もっと読んでみたいと思いました。出来れば続編を希望いたします

投稿: 甲斐ミサキ | 2006年8月 4日 (金) 21時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170425/9929821

この記事へのトラックバック一覧です: 山姫の神隠し:

» ココログで読める小説群 [ミナソコノ住人]
現在、ココログ内で発表されている創作小説を集めてみました。 見つけ次第追加してい [続きを読む]

受信: 2006年8月 4日 (金) 21時02分

« こどもののみもの | トップページ | 心霊写真 »