« カクテルバー | トップページ | 芭蕉とかさね(番外編) »

2006年4月 4日 (火)

「功名が辻」第13回「小谷落城」

今回はタイトルどおり小谷城落城前後の話に終始。

冒頭,小谷城攻めの織田軍の陣営で
小谷城攻撃がなかなか始まらないことに
いらつく一豊の家臣・祖父江新一郎(新右衛門の息子)。
ここ数回,
新一郎の登場度が目立ってきている気がする。
今回のオープニングのキャストロールでは
新一郎@浜田学は単独で出ていたし,
段々と扱いを大きくしていく予定なのかもしれませんな。

一方,
岐阜城下の秀吉宅では
千代と寧々が小谷城攻めについて
談義中。
小谷城にいるお市の身を案じる千代に向かって
寧々は
「信長様とお市様の間には
兄と妹以上の思いがあるから」
と説明。
「兄と妹以上の思い」って
どういう設定なんだろ?
千代もしばし絶句。

さて,
当初,長政と共に小谷城で果てるつもりだったお市は
長政の嫡男・万福丸を必ず助命するという
秀吉の言葉を信じて小谷城を落ち,
織田軍の陣営に参じる。

今回の大河では
万福丸はお市の子ではないという設定。
お市の嫁いだ時期と万福丸の年齢から
お市の子ではないという説があるようで,
そっちの説を取ったわけだ。
万福丸を演じる男の子のおびえた演技が
リアルで素晴らしい。
最近の子役は本当に上手いな。

小谷城はあえなく落城。
浅井長政@榎木孝明もここで退場。

直後,
万福丸殺害を秀吉に対し命じる信長。
これを受けて
秀吉は一豊に万福丸の磔を命じるも
一豊は「できません!」と抵抗。
秀吉と一豊の間で
激しい口論が繰り広げられる・・・んだけど,
今回も秀吉@柄本明のセリフが
さっぱり聞き取れん。
テレビのボリュームを上げても
声がうるさいだけで
ほとんど意味が分からんかった。
あとで
一豊が千代に万福丸殺害を告白するときに
一豊がわざわざ秀吉のセリフを
復唱してみせるシーンがあったけど,
製作サイドの方も
柄本秀吉のセリフの聞き取りづらさを
フォローするためにそうしたのかも知れない。
柄本秀吉も上川一豊も迫真の演技だっただけに
セリフが聞き取りづらいのは本当にもったいないと思う。

最後の秀吉の捨てゼリフ
「わしの命に逆ろうのは謀反じゃ~!」のとこだけは
ようやく聞き取れた。
だけど
この時点の一豊にとって
秀吉は組頭に過ぎないはずで
謀反はおかしいのでは?
ま,このすぐあとに直臣化したわけだけど。

結局,
万福丸を磔にして殺害させる一豊。

憔悴して帰宅する一豊を
千代が出迎えた途端,
信長様本人が乗馬して門前に登城。
千代に打掛を持って登城するよう御下命。
あわてて家に戻ろうとした千代は
入り口で足を引っ掛けてすっ転びかけるが
何とか持ちこたる。
「早くしないと殺されるぞ」という一豊に
「ヒィー」と悲鳴をあげる千代。
この辺りのやりとりが今回の唯一のギャグだった。
ギャグは多すぎるとやかましいが,
少ないと寂しい(←勝手な視聴者)

城から帰宅した千代に
一豊は万福丸を殺害したことを
隠し切れずに打ち明けてしまう。
千代は「何ということを・・・」と言いつつも
それ後悔するやさしい人でうれしい,
と慰める。
一豊@上川隆也の涙を流しながらも
淡々と言葉をつなぐ演技がよい。
去年のやたら騒々しい大河は
何だったんだと思うくらい。
(タッキーファンの方々,すいません。
去年の大河も面白いところはたくさんあったんだけどね。
鬼一法眼@美輪明宏が登場してムササビが飛び回るところとか。
大河というよりもファンタジーみたいだったけど。)

浅井長政らの髑髏の盃で宴会を開いた後,
一人になった信長は
長政の髑髏の前で大笑した上で,
「ワシはお主が好きだった。」と告白(?)
信長様,目がいっちゃってる。

ともあれ
小谷城攻めの功績により
秀吉は12万石の城持ち大名に。
一豊は400石の領地持ちになると同時に
名実共に秀吉の直臣になった。
 

一豊宅での祝いの席上,
領地の唐国ではなく
秀吉の本拠地である今浜への転居を
千代から勧められた一豊は
躊躇しつつも千代の言に従うことを決意。

次回・第14回は「一番出世」
どんどん出世していく一豊は
もはや馬1頭買うくらい何でもない御身分にみえるけど
へそくりで馬を買うエピソードは
どのタイミングで出てくるんだろうか。

|

« カクテルバー | トップページ | 芭蕉とかさね(番外編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170425/9418783

この記事へのトラックバック一覧です: 「功名が辻」第13回「小谷落城」:

» 第1回ドクロカップ開催ー大河ドラマ 功名が辻第13回 小谷落城 [死にぞこないの日常]
浅井のドクロ杯が 出ましたよ〜!! しかし、なんなんでしょう、今週のお館様。 光秀に「朝倉かワシか」せまってみたり。 ドクロに向かって 「ワシはおぬしが 好きじゃった!!」 と告ってみたり。 なんか、「アナタガ〜スキダカラ〜」の言い方に似ていたような気...... [続きを読む]

受信: 2006年4月 5日 (水) 15時10分

« カクテルバー | トップページ | 芭蕉とかさね(番外編) »