« ケーキを食べた | トップページ | 芭蕉とかさね(その3) »

2006年3月16日 (木)

日本最古のカレー

くま様のブログでカレーが話題になっていたので,
対抗して(?)カレーの話。

横濱カレーミュージアムでは
去年6月2日に「カレー万博2005」が
開催されたそうですが,
その際,
「西洋料理指南」(明治5年刊)による
日本最古のカレーを再現し
当日限定で販売したしたとのこと。

当の横濱カレーミュージアムのHPからは
既に該当記事は削除されている模様ですが,
イベントを紹介した新聞記事が残っていました。
http://www.hamakei.com/headline/772/index.html

日本最古のカレーは
何とカエル入りカレーだったのです。

このカレーが実際に昨年6月2日に発売されたのか,
本当に発売されていた場合に食べた人の感想はどうだったのか,
引き続き調査中。情報も歓迎します。

|

« ケーキを食べた | トップページ | 芭蕉とかさね(その3) »

コメント

かわうそさんのところにも来ました。
とてもおもしろいお話ばかりですね。
かさねちゃん、かわいい名前なのに子どもにつけられないですね。菊音(きくね)ちゃんもかわいい名前だと思いつきました。ちょっと落語家みたい?それは菊姫ですね。

またきます~


投稿: けろりん | 2006年3月16日 (木) 23時16分

カエル入りカレー!
カエルは鳥肉みたいな味がしてなかなかいけるんですが,カレーにはどうなんでしょうね。

最初のコメントが,けろりんさんというのも何か因縁が・・・。

菊姫と言えば,金沢のとてもおいしいお酒です。

投稿: くま | 2006年3月17日 (金) 00時12分

>>けろりん様

ようこそおいでくださいました。

「菊音(きくね)」という名前は
華やかな感じがして素敵ですね。
この名前ならば私の友人も
誰からも反対されなかったろうに。
(ちなみに
件の友人の子供は
最終的に「ありさ」ちゃんになりました。)

ちなみに
落語家の林家きく姫(かの木久蔵師匠のお弟子さんですな。)の本名は「松本恋由姫」だそうです。
なんて読むんだろ?

投稿: かわうそ | 2006年3月18日 (土) 00時20分

>>くま様

明治初期の日本で
カレーの具にカエルが選ばれたのはなぜか
なかなか興味深いところです。

ところで
金沢の銘酒「菊姫」の名称は
白山の女神「菊理姫」にちなむとか。
http://www.interq.or.jp/japan/minosyou/kikuhime.htm

そして
「菊理姫」と怪談・番町皿屋敷の「菊」とを
結びつける考え方もあるようです。
http://www.ffortune.net/symbol/rei/sara.htm

投稿: かわうそ | 2006年3月18日 (土) 01時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170425/9122353

この記事へのトラックバック一覧です: 日本最古のカレー:

« ケーキを食べた | トップページ | 芭蕉とかさね(その3) »